hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <50MHz帯以外に28/144/430/1200MHz帯での参加も可能!>3エリア6mAMロールコールグループ、5月4日(土・祝)に「第34回 6mAMコンテスト」開催

<50MHz帯以外に28/144/430/1200MHz帯での参加も可能!>3エリア6mAMロールコールグループ、5月4日(土・祝)に「第34回 6mAMコンテスト」開催

3エリア6mAMロールコールグループ主催の「第34回 6mAMコンテスト」が2019年5月4日(土・祝)9時から15時(バンドにより異なる)に開催される。国内すべてのアマチュア局が対等の条件で勝負できるルールで、コンテスト名称の“6m”に限らず28/50/144/430/1200MHz帯の各シングルバンドとマルチバンドの5部門(いずれもAMモードのみ)が設けられている。コンテストナンバーに「使用送信機名」を送るのもユニークだ。

 

 

 

 使用周波数は28/50/144/430/1200MHz帯で電波型式はAMモード(A3Eの全搬送波、またはH3E)。部門は28MHzの部、50MHzの部、144MHzの部、430MHzの部、1200MHz帯の部、マルチバンドの部の5つ。マルチバンドは2バンド以上で参加した局の各バンド得点を事務局で合計。ただし50MHz以外のバンドは得点を二倍にして計算するとしている。

 

 ナンバー交換は、「RS符号による相手局のシグナルレポート」+「都府県支庁ナンバー」+「使用送信機名(例:FT-817ND、IC-9700、自作、IC-502改)」で、異なる局との完全な交信を1点。自作機&改造機を使用して参加した局は完全な交信を2点(2点にカウントできるのは自作機・改造機を使用した局の側だけ)。

 

 

 それぞれバンドごとの開催時間と使用周波数帯、推奨使用周波数帯は以下のとおり。

 

 

28MHz帯:10:30~12:00
(使用周波数帯:28.600~28.850MHz/推奨使用周波数帯:28.700~28.850MHz)

 

 

50MHz帯:10:00~14:00
(使用周波数帯:50.300~50.900MHz/推奨使用周波数帯:50.400~50.900MHz)

 

 

144MHz帯:13:30~15:00
(使用周波数帯:144.250~144.490MHz/推奨使用周波数帯:144.400~144.490MHz)

 

 

430MHz帯:09:00~10:30
(使用周波数帯:430.250~430.700MHz/推奨使用周波数帯:430.400~430.500MHz)

 

 

1200MHz帯:12:00~13:30
(使用周波数帯:1294.200~1294.490MHz/推奨使用周波数帯:1294.400~1294.490MHz)

 

 

 紙ログと電子ログ(フォーマットは提出先まで問い合わせること)の締め切りは5月31日(金)消印有効。ルールは下記関連リンクの「3エリア6mAMロールコールグループ Facebookページ」に投稿されているほか、月刊誌「CQ ham radio」2019年5月号227ページの国内コンテストコーナーにも掲載されている。

 

 

「第34回 6mAMコンテスト」の規約

 

 

 

●関連リンク:
・第34回6mAMコンテスト(3エリア6mAMロールコールグループfacebookページ)
・3エリア6mAMロールコールグループ(facebookページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」