hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <交信初体験のビギナーを手厚くサポート!!>JARD、「HAMtte交信パーティー2019春」に合わせてクラブ局のJO1ZRDを運用

<交信初体験のビギナーを手厚くサポート!!>JARD、「HAMtte交信パーティー2019春」に合わせてクラブ局のJO1ZRDを運用

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、2019年5月5日(日・祝)から19日(日)まで、誰でも参加可能な交信イベント「HAMtte交信パーティー2019春」を開催中だ。これに合わせて同協会では、東京・巣鴨のJARD本部に設置されているクラブ局「JO1ZRD」の運用を各バンドで行っている。5月5日はHAMtteメンバーの初心者が集まり、ベテランのアマチュア無線家の手厚いサポートを受けながら交信を行った。

 

 

5月5日にJARDハム教室で行われたJO1ZRDの運用風景

 

 

 JARDは同協会が主催する養成課程講習会の修了者を対象とした交流組織「HAMtte(ハムって)」を2016年から運営し、2019年4月1日現在で6,099名の会員を擁している。このメンバーと一般局の交流を目的にした交信イベント「HAMtte 交信パーティー2019 春」が5月5日(日・祝)から5月19日(日)まで、3.5/7/21/50/144/430MHz帯のアマチュアバンドで開催されている。

 

こちらの記事もチェック!!
<20局交信で特製グッズがもらえる!! >JARD、5月5日(日・祝)から19日(日)まで一般局も参加できる「HAMtte 交信パーティー2019 春」を開催

 

 今回の交信イベントに合わせて、東京都豊島区巣鴨のJARD本部の「JARDハム教室」に設置された同協会のクラブ局「JO1ZRD」の運用が5月5~9日、13~14日、17~18日の日中に行われる。オペレートはHAMtteのサポーター(JARD関係者、養成課程講習会講師などで構成)と運用ボランティア、公募で選ばれたメンバーの初心者が行う。周波数帯は7/21/28/50/144/430MHz帯を予定している。

 

 運用初日の5月5日は約10名が参加。「アマチュア無線の交信は初めて」「交信に自信がない」「昔やっていたが忘れた」という参加者には、ベテランのサポーターが交信方法や話す内容、ログとQSLカードの書き方などを手厚くレクチャーしていた。

 

 当日の模様を写真で紹介しよう。

 

 

広い教室内を運用周波数別に区切った

参加した初心者はベテランのサポーターから交信方法の詳しい説明を受けた

この日のJO1ZRDの無線機とアンテナ構成

東京・巣鴨のJARD本部が入居するビルの屋上(11階)にアンテナを設置

バンドプランの資料、ログ、QSLカード、電鍵なども用意された

親子でレクチャーを受ける参加者

アマチュア無線ライフの基本、QSLカードやログの書き方も詳しく説明

144MHz帯FMでの交信風景

サポーターがHFでも運用

交信後はQSLカードを記入。JARDの三木会長(JA1CIN)と有坂顧問(JA1HQG)がレクチャー

 

 

 

 

●関連リンク:
・「JARD HAMtte 交信パーティー2019 春」ルール PDF
・JARD受講者交流サイト「HAMtte」
・JARDホームページ
・HAMtte(ハムって)規格カード取り扱い開始!(A4マニアックス ブログ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)