hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > <アイデア次第で好きな機能を持たせてカスタマイズ>エレクトリックキーヤー「モールス信号シールドArduino UNO用」最新プログラムを公開


<アイデア次第で好きな機能を持たせてカスタマイズ>エレクトリックキーヤー「モールス信号シールドArduino UNO用」最新プログラムを公開

中茂睦裕氏(JG5CBR)が2016年から頒布している、「モールス信号シールドArduino UNO用」というマイコンボードをベースにしたエレクトリックキーヤーを、2017年11月以来、1年半ぶりの2019年5月5日に刷新した。スケッチの最新サンプルを書き込むことで、多種にわたる機能を実現。アイデア次第で好きな機能を持たせたキーヤーにカスタマイズできるということだ。すでにキットをお持ちの方は、中茂氏のホームページで公開されている最新プログラム(スケッチ)「morse-shield_190505.ino (2019/05/05版) 」に書き換えるだけで、新しい機能が使える。なお、受信したモールス信号を復号する機能は備えていない。

 

 

中茂睦裕氏(JG5CBR)が頒布している「モールス信号シールドArduino UNO用」

 

 

 

 ワンボードに収められた超小型コンピューター(マイコン)「Arduino UNO」。正規品と互換機があり、安くは1千円前後で購入できる。今回、中茂氏が頒布しているArduino UNOのシールドとして動作するエレクトリックキーヤー「モールス信号シールドArduino UNO用」の最新プログラム(スケッチ)が公開された。

 

 モールス信号シールドは、マイコン単体で動作するエレクトリックキーヤーとしてはもちろん、パソコンなどからCOMポート経由してASCII文字列を受け取り、CWを送出することもできる。Tera Termなどのターミナルソフトや、自作のソフトウェアにより簡単に制御することが可能だ。

 

 

 今回の最新プログラム(スケッチ)公開で、以下のキーヤーの動作モードを拡充。縦振り電鍵への対応などの機能を追加している。

 

 

・対応するエレクトリックキーヤーを拡充(キー操作を復号します)
 アイアンビックA
 アンビックB(従来と同様)
 スーパーキーヤー
 縦振り電鍵

 

 

・受信練習機能に追加
 ランダム10セットのJAコールサイン生成
 スペースインベーダー風ゲーム
 ランダム5文字で10セットの符号生成(欧文/和文)※従来と同様

 

 

・ビーコンCQ再生
 再生回数(デフォルト10回、3~30の範囲で調整可)
 再生間隔(デフォルト2秒、1~9秒の範囲で調整可)

 

 

・欧文/和文モード切り替え(「ホレ」および「ラタ」で変更)

 

 

・長短点比率の調整(デフォルト1:3.00、3.00~4.00の範囲で調整可)

 

 

・パドルリバース

 

 

・サイドトーンのオンオフ

 

 

 詳細は下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

「Arduino UNO」(ウィキペディアから)

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<デジタルモード、無線機コントロール対応>待望の完成! USBポート接続型アマ無線用インタフェース「USBIF4CW Gen.3」の頒布を開始

 

 

 

●関連リンク:
・モールス信号シールド【キット】
・モールス信号シールド【完成品】
・モールス信号シールドArduino UNO用のスケッチを更新
・モールス信号シールドArduino UNO用
・Arduino(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ソニー ハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」               ※300件以上のレビューあり!