hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <ハムベンション2019で公開へ>米国エレクラフト社、ダイレクトサンプリングSDR採用のHF/50MHz機「K4」を発表


<ハムベンション2019で公開へ>米国エレクラフト社、ダイレクトサンプリングSDR採用のHF/50MHz機「K4」を発表

米国エレクラフト社がデスクトップタイプのトランシーバー「K4」を発表した。同機種はダイレクトサンプリング方式のSDRを採用し、160mバンドから6mバンドまでをCW/SSB/AM/FM/DATAの各モードでカバーする100W機で2波同時受信が可能。サイズは約343W×114H×254Dmm、重量は約4.5kg。2019年5月17日(金)から19日(日)まで開催される「ハムベンション2019」の会場で展示される。

 

 

米国エレクラフト社の新製品「K4」フロントパネル

 

 

 エレクラフト社のWebサイトで、K4の特徴は次のように告知されている。

 

●ダイレクトサンプリング方式のSDRを採用

 

●送信部は160m~6mをカバー、受信部は100kHz~54MHzを連続カバー。2波同時受信が可能

 

●大型7インチのカラータッチディスプレイ搭載。直感的な操作が可能

 

●バンドの状況がわかる高解像度のパナアダプタを2基搭載

 

●背面パネルに多彩なI/O端子を装備

 

「K4」の背面パネル

 

●複数の機器からのフルリモートコントロールが可能

 

●「K4」「K4D」「K4HD」の3モデルを用意

 

「K4」の各バージョン

 

●VHF/UHFモジュール(15W出力)を搭載可能(将来予定)

 

●完成品だけでなくキット版も用意

 

●サイズ:343W×114H×254Dmm、重量:約4.5kg

 

「K4」の主要定格

 

 すでにエレクラフト社のWebサイトでは「K4」シリーズの概要が掲載され、予約注文(プレオーダー)も始まっている。詳細は下記関連リンク参照。

 

 

 

●関連リンク:K4 High-Performance Direct Sampling SDR(ELECRAFT)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」