hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > JARL理事2名の解任を求める「社員提案権行使書」の内容と当事者らの“反論”全文公開!に注目集まる--6月2日(日)~6月8日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

JARL理事2名の解任を求める「社員提案権行使書」の内容と当事者らの“反論”全文公開!に注目集まる--6月2日(日)~6月8日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキング1位は、先々週の1位と同様に、2019年6月23日(日)に東京・新宿区で開催される一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)「第8回定時社員総会」で上程予定の、JARL社員17名から提出された、会長である髙尾義則理事(JG1KTC)と専務理事である日野岳 充理事(JE1KAB)2名の解任を求める関連記事だった。社員有志17名が解任を求めている理由と、解任を求められた当事者らがその理由についてどのように反論しているのか、全文を2ページにわたり記事で紹介。大きな反響を呼んだ。4位も先々週1位だった記事が続く。なお、記事公開後に関係者への追加取材で新たな情報を得たため、本記事の見出しと本文の一部について公開後に修正を行っている(該当記事2ページ目最後の「追記」を参照)。

 

 


理事2名(会長、専務理事)の解任を求めている理由などについて、有志により開設された「2019年度JARL総会情報」というWebサイトで公開されている

 

 

 

 

 続く2位は、日本国内の各アマチュア局について、許可されている電波の型式、周波数、空中線電力といった免許情報について、コールサインなどから検索できる総務省のデータベース「無線局等情報検索」により、アマチュア局の免許情報が2019年6月3日(月)時点で「410,312局」登録。1週間前の5月27日(月)時点は「411,201局」だったので、この間に889局減少したことが判明!というニュース。「無線局等情報検索」は2019年1月7日から仕様変更され、各総合通信局(沖縄総合通信事務所を含む)ごとに違いはあるが、ほぼリアルタイムで無線局データが確認できるようになっっている。今回の結果から、ふたたびアマチュア局の減少数が悪化したことがうかがえる。なお、「パーソナル無線」は、6月3日(月)時点のデータベースによると、「775局」の免許情報が登録されていた。5月27日(月)時点の登録数は「788局」なので、この間に「13局」が免許を失効したと思われる。

 

 

2019年1月7日からWebサイトのデザインが変更された総務省が提供する「無線局等情報検索」サービス

 

 

 

 3位は「<第一地域への6mバンド分配に前向きな考えを表明>総務省、『2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)』への意見募集を開始」。総務省では、2019年7月31日(水)から8月6日(火)まで、東京で開催される「第5回アジア・太平洋電気通信共同体WRC準備会合(APT-WRC準備会合)」への参加に先立ち「2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)」を作成し、5月31日(金)から7月1日(月)まで一般からの意見(パブリックコメント)募集を実施している。なかでも今回アマチュア無線家にとって注目されるのが、「議題1.1 第一地域における50-54MHzのアマチュア業務への分配」に関する「我が国の考え方(案)」の記述である。日本では6mバンドとして、50~54MHzまでの4MHz幅をアマチュア業務用に開放されているが、ヨーロッパを中心とした第一地域では、一部の国を除き、6mバンド(一部帯域を含む)がアマチュア無線に割り当てられていないのが現状で、6mバンド愛好家にとっては目が離せない長年のテーマだからだ。

 

 

「議題1.1 第一地域における50-54MHzのアマチュア業務への分配」に関する記述(赤枠はhamlife.jpで記載)

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)【追記あり】<6月23日の「第8回定時社員総会」で討議>JARL理事2名の解任を求める「社員提案権行使書」の内容と当事者らの“反論”を全文掲載

 

2)<ふたたび減少数が悪化へ>無線局等情報検索(6月3日時点)、アマチュア局は1週間で889局減少し「410,312局」

 

3)<第一地域への6mバンド分配に前向きな考えを表明>総務省、「2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)」への意見募集を開始

 

4)<社員17名から出された「理事2名(会長、専務理事)解任」の総会提案を審議>JARL、第44回理事会報告を会員専用ページに掲載

 

5)<新製品の「FT3D」も展示!!>八重洲無線、2019年6月に5都県で行うイベントスケジュール

 

6)<50MHz帯ビーコンを発射!! 宮崎大学無線部(JA6YBR)を訪問>「月刊FBニュース」2019年6月1日号きょう公開

 

7)<「8J」「8N」で始まるコールサイン>2019年6月に運用されるJARL特別記念局、JARL特別局、JARL以外の記念局、臨時局に関する情報

 

8)<無料体験者を大募集>ブートキャンプ開講! モールス学習の要領で無線通信士「英会話」試験対策

 

9)<PDF版カタログも同時公開>八重洲無線、Webサイトに新製品「FT3D」の商品情報を掲載

 

10)<無線のジャンルを超えて“電波で遊びと学び”の交流会>6月9日(日)、東京都羽村市で「ハムらde無線フェア」開催

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」