hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <放映は7月8日(月)21時から>アイコムのアマチュア無線機や広帯域受信機など、フジテレビ系全国ネット連続ドラマ「監察医 朝顔」に登場


<放映は7月8日(月)21時から>アイコムのアマチュア無線機や広帯域受信機など、フジテレビ系全国ネット連続ドラマ「監察医 朝顔」に登場

アイコム株式会社は、2019年7月8日(月)21時からスタートするフジテレビ系全国ネット連続ドラマ「監察医 朝顔」に美術協力を行った。番組内の小道具として同社のデジタル簡易無線機「IC-DPR6」、アマチュア無線機のHFオールバンド+50MHzトランシーバー「IC-7800」、広帯域受信機の「IC-R8500」、スタンドマイク「SM-20」などが登場するという。

 

 

アイコムから発表された画像には、HFオールバンド+50MHzトランシーバー「IC-7800」(左)や広帯域受信機「IC-R8500」(右)、スタンドマイク「SM-20」が写っている(無線機器をクローズアップ)

 

 

 

 アイコムの発表は次のとおり。

 

 

 

 

 フジテレビ系全国ネット連続ドラマ『監察医 朝顔』にアイコムの無線機が登場。

 

 アイコムは、2019年7月8日からフジテレビ系全国ネットで放映される月9ドラマ『監察医 朝顔』に美術協力をしています。

 

 

 同ドラマの主人公、万木朝顔(まき・あさがお)は、死因を明らかにし、遺体の“生きた証”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇を超えてまで懸命に、そして真摯に遺体に向き合う新米法医学者です。そんな朝顔に、父としてだけでなく仕事相手としても寄り添うのが、ベテラン刑事・万木平(まき・たいら)。朝顔は解剖で、平は捜査で、遺体の謎を解き明かしていくさまをサスペンスフルに織りなすと同時に、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描く連続ドラマです。

 

 

 劇中では、当社の固定機やハンディ機が小道具として登場しています。

 

 

 

 

 

<番組概要>
・番組名:「監察医 朝顔」
・放映チャンネル:フジテレビ系全国ネット
・放映期間/時間:2019年7月8日(月)21時00分~
・番組ホームページ:
 https://www.fujitv.co.jp/asagao/index.html
・協力製品:IC-DPR6/IC-7800/SM-20など

 

 

 

●関連リンク:
・フジテレビ系全国ネット連続ドラマ『監察医 朝顔』にアイコムの無線機が登場。(アイコム)
・監察医 朝顔(フジテレビ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」