hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2019 > 【ハムフェア2019】<USBIF4CW x CTESTWIN共同出展>ドネーションのお礼に非公開機能が試せるテスト版を提供、会場限定でCTESTWINに連動するアクセサリーキット販売ほか

【ハムフェア2019】<USBIF4CW x CTESTWIN共同出展>ドネーションのお礼に非公開機能が試せるテスト版を提供、会場限定でCTESTWINに連動するアクセサリーキット販売ほか

2019年8月31日(土)、9月1日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ハムフェア2019」のクラブブースで、中茂睦裕氏(JG5CBR)が開発したUSBポート接続型アマチュア無線用インタフェース「USBIF4CW」と、堀内雄一氏(JI1AQY)が開発したWindows版のコンテスト用ロギングソフトウェア(ログ管理ソフト)「CTESTWIN」が共同で「USBIF4CW x CTESTWIN」を出展する。出展費用とCTESTWINの開発環境を整えるために千円程度のドネーションの協力お願いを呼びかけおり、お礼として「非公開機能が試せるテスト版をお渡しします」としている。また、CTESTWINに連動して動くアクセサリーキット(通信販売はなし、ハムフェア会場のみ)を販売。2019年7月27日(土)まで(追記:8月4日(日)まで期間延長)予約を受け付けている。

 

 

 

 

 

 コンテスト中のログ記入はもちろん、各コンテストのルールに準拠しての得点計算やハムログへのデータ転送機能などを装備し、使い勝手の良さでJAコンテスターから高い評価を得ている、Windows版のコンテスト用ロギングソフトウェア(ログ管理ソフト)「CTESTWIN」は、ハムフェア2019開催に合わせて、同クラブブースで「ローテータPCインターフェイス(5,000円)」「SO2R用ヘッドフォン切替器(3,000円)」「 リグ切替に連動する切替器(4,000円)」の3種類のCTESTWINに連動して動くアクセサリーキットを販売する。

 

 ローテータPCインターフェイスは、単独で動作するが、CTESTWINとの連動機能は現時点で非公開。すべてのキットに、CTESTWINの非公開機能を搭載したCD-Rが付属される。

 

 ハムフェア会場のみの販売で、通信販売は行わない。購入希望者は2019年7月27日(土)まで予約を受け付けている(追記:8月4日(日)まで予約受け付け期間が1週間延長された)。予約専用のホームページが用意されているので、必要事項を入力のうえ、代金はハムフェア会場で現金で支払う。

 

 

ハムフェア会場限定(通信販売は行わない)で、上から「ローテータPCインターフェイス(5,000円)」「SO2R用ヘッドフォン切替器(3,000円)」「 リグ切替に連動する切替器(4,000円)」の3種類のCTESTWINに連動して動くアクセサリーキットを販売する

 

 また、クラブブースで貴局のコールサインやコンテストナンバーをCTESTWIN標準搭載のパーシャルチェックやグリッドロケータファイルに登録するサービスも行うとしている。希望する場合は、「グリッドロケータは6桁必要ですので調べてきてください」と案内している。

 

 

 

 

 

 

 あわせてドネーション(寄付金)のお願いを行っている。USBIF4CW x CTESTWIN共同出展の案内は以下のとおり。

 

 


 

 CTESTWINはフリーソフトとして提供していますが、本出展費用とCTESTWINの開発環境を整えるためにご協力お願いします。

 目安:¥1,000程度お願いします。

 お礼として、非公開機能が試せるテスト版をお渡しします。

 試作中の新機能(変更になる可能性があります)

 

・SO2R(Single Operator 2 Radios)対応(2台のリグを接続し、CQ送出中は、ヘッドフォンをもう一方のリグに自動切替えし、未交信局を探すことができます。詳細は、アクセサリーキット参照)

 

・ローテータコントローラとの連動(Call欄に入力したコールサインから各局のグリッドロケータにより方向を計算し、アンテナを回転します。詳細は、アクセサリーキット参照)

 

・マルチOP用アシスト機能(サブオペレータがメインオペレータに対して別なPCからLAN経由でコールサインや受信コンテストナンバーを通知して支援をする機能)

 

・USBIF4CWのリグ切替対応(USBIF4CWのポート2にリグの選択情報を出力)

 

・MMTTY/MMVARIにてコールサインの自動抽出機能(2局以上同時に呼ばれたときに、1局のQSO終了直後に、「NOW JA3xxx UR 599235」等の送出ができます)

 

 試作版のため、不具合が含まれている可能性もありますが、ご容赦ください。

 未公開機能を一般に公開する日は未定です。

 

 


 

 

 一方、USBIF4CWでは「『モールス信号シールドArduino UNO用』について、デジタルインベーダー風ゲームを使って得点競争イベントをしたいと考えています」と案内している。

 

 

 詳しくは、下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

 

 

 なお、「USBIF4CW x CTESTWIN」のブース番号「C-068」は、【ハムフェア2019】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>223団体が参加する『ハムフェア2019』企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事2019年7月25日記事で場所の確認ができる。

 

 

 

 

 

●「ハムフェア2019」情報提供のお願い(このバナーをクリック!)

 

 

 

●関連リンク:
・USBIF4CW x CTESTWIN
・アクセサリーキット予約のサイト
・コンテストログソフト CTESTWINダウンロード
・USBポート接続型アマチュア無線用インタフェース USBIF4CW
・ハムフェア2019インフォメーション(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」