hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2019 > 【ハムフェア2019】<製品テーマは「Be Powerful!」>アイコム、「ハムフェア2019」会場で新製品を“もう1機種”サプライズ発表か?


【ハムフェア2019】<製品テーマは「Be Powerful!」>アイコム、「ハムフェア2019」会場で新製品を“もう1機種”サプライズ発表か?

アイコム株式会社は2019年8月27日、同社Facebookページで今年の「ハムフェア2019」会場で発表する新製品の“第2弾”とみられる画像の一部を公開した。8月20日に同Facebookページで公表された画像の製品とは異なる機種で、今回は「Be Powerful!」というキャッチフレーズがついている。

 

 

アイコムのFacebookページより

 

 

 アイコムは今年、8月20日に同社Facebookページで「Be Active!」というキャッチフレーズが書かれた画像を公開した。掲載されている線画の解析から、hamlife.jpスタッフは「SSB/CWやD-STARにも対応したHF~UHF帯ポータブル機」か「移動運用を前提にした機動性に優れたオールモード機」ではないかと推測している(8月22日の掲載記事参照)。

 

 

【ハムフェア2019】<37年ぶりのポータブル機か、それともIC-703後継機??>アイコム、「ハムフェア2019」会場で“新製品サプライズ発表”か?

 

 

 このときの画像には「Ham Fair 2019 Special Announcement No.1」という表記があった。「“No.1”と書いてあるから、“No.2”(第2弾)の発表もあるのか?」と思っていたら、やはり8月27日夕方に「Ham Fair 2019 Special Announcement No.2」として新たな画像が公開された。

 

今度は「Be Powerful!」というキャッチフレーズが書かれている。よく見ると文字の後方にスポットライトに照らされた製品写真らしきものがある

 

 今度は「Be Powerful!」というキャッチフレーズが書かれている。その文字の後方には製品と思われる写真が薄く掲載されている。そこで画像加工ソフトを使って、その部分を拡大し見やすくしてみた。

 

画像加工ソフトで、機種写真を見やすくしてみた。角張った大型ボディのようだ

 

 大きく角張った形状で、アイコムのロゴマークとPOWER(電源)の文字が見える。その下には横型のインジケータらしきもの、さらに丸い形状のLEDがいくつか配置されているようだ。ディスプレイは確認できない。

 

 この形状と「Be Powerful!」というキャッチフレーズから、hamlife.jpスタッフは「IC-PW1の後継機種となるHF/50MHz帯のハイパワーリニアアンプ」が登場するのではないか…と大胆に想像してみたがいかがだろう? ちなみに同社のHF/50MHz帯リニアアンプ「IC-PW1」の発売開始時期は1998(平成10)年。21年も発売を続けている異例のロングラン製品だ。

 

アイコムのHF/50MHz帯リニアアンプのIC-PW1。発売開始は1998年だ

 

 先週公表された「Be Active!」の新製品と共に、この「Be Powerful!」な新製品も「ハムフェア2019」のアイコムブースでぜひチェックしてみるとよいだろう。

 

 

 

 なお、「アイコム」のブース番号「D-01」は、「【ハムフェア2019】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>223団体が参加する『ハムフェア2019』企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事(2019年7月25日記事)で場所の確認ができる。

 

 

 

 

 

●「ハムフェア2019」情報提供のお願い(このバナーをクリック!)

 

 

 

●関連リンク:アイコム Facebookページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」