hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > 東海総合通信局、9月23日(月・祝)から10月12日(土)まで「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のために重要無線通信妨害対策実施本部を設置


東海総合通信局、9月23日(月・祝)から10月12日(土)まで「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のために重要無線通信妨害対策実施本部を設置

東海総合通信局は、2019年9月20日(金)から11月2日(土)まで全国12の競技会場で開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のうち、東海地方の「小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)」「豊田スタジアム(愛知県豊田市)」の2つの競技会場で計8試合が行われる9月23日(月・祝)から10月12日(土)の期間、混信や電波妨害の発生に備えて「重要無線通信妨害対策実施本部を設置」し電波監視体制を強化しする。

 

 

 

東海総合通信局が発表した「重要無線通信妨害対策実施本部を設置」の内容は以下のとおり。

 

 

 総務省東海総合通信局は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」(9月20日~11月2日)のうち、東海地方の競技会場で開催される試合について、混信や電波妨害の発生に備えて重要無線通信妨害対策実施本部を設置し、電波監視体制を強化します。

 

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」(注1)が9月20日~11月2日の間、全国12の競技会場で計48試合が行われます。

 

 このうち、東海地方では9月23日から10月12日の間、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)及び豊田スタジアム(愛知県豊田市)の2つの競技会場で計8試合が行われます。

 

 東海総合通信局は、競技・大会運営のための無線、警察・消防・航空・鉄道などの重要無線通信に対する混信や電波妨害の発生に備え、「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置し、電波監視体制を強化します。

 

 具体的には、2つの競技会場の試合前日と当日に当局のDEURAS(デューラス)(注2)センタ局に固定監視チームを配置し、各競技会場に移動監視チームを派遣するなど電波監視体制を強化します。

 

 警察などの関係機関との連携体制を確保し、重要無線通信妨害発生時には迅速に対応します。

 

注1:「ラグビーワールドカップ2019日本大会」は、4年に一度開催されるワールドラグビー主催の世界大会。アジア初開催。
注2:(Detect Unlicensed Radio Stations):電波監視システムの総称

 

 

 

↓この記事をチェック!

 

<マイメディア東海>「電波監視官(電波Gメン)」のお仕事、第3弾!…電波監視設備「DEURAS(デューラス)」の活用法

 

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

 

●関連リンク:
・東海総合通信局 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開催に伴う電波監視体制の強化<重要無線通信妨害対策実施本部を設置>
・【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」