hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <「XPO記念コンテスト」と両方参加で特別ルール適用>9月22日(日)夜と23日(月・祝)午前に分けて「第14回 愛・地球博記念コンテスト」開催


<「XPO記念コンテスト」と両方参加で特別ルール適用>9月22日(日)夜と23日(月・祝)午前に分けて「第14回 愛・地球博記念コンテスト」開催

2019年9月22日(日)21時から24時までと、23日(月・祝)6時から12時までの2回に分割して、JARL東海地方本部主催「第14回 愛・地球博記念コンテスト」が、1.9/3.5/7/14/21/28/50/144/430MHz帯および1200MHz帯以上の各アマチュアバンドの電話と電信で行われるほか、D-STAR部門のエントリーもある。中日新聞社の後援により、上位入賞者には「中日新聞社賞」が贈呈される。また、継続の特別企画として、2019年度も「モリゾー&キッコロ」の種目参加局には抽選で記念品が贈られる。

 

 

 

 このコンテストは2005年3月25日から9月25日までの185日間にわたり「2005年日本国際博覧会(愛・地球博)」が愛知県名古屋東部丘陵で開催され、全国から訪れた参加者や多くのボランティアの心の中に「愛・地球博」の記憶をいつまでもとどめておくためにJARL東海地方本部が毎年行っているものだ。

 

 日本国内の陸上で運用するアマチュア局およびSWLが対象。ナンバー交換は「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用場所を示す都府県支庁ナンバー」となる。

 

 

 2017年開催の「第12回」からルールの変更が行われている。おもな点は以下のとおり。

 

・同一バンドにおける重複交(受)信(同一局を2回以上交(受)信すること)は、電信、電話(FM、SSBなど)に加えて、電話(D-STAR)それぞれ1交(受)信ずつ 得点とすることができるように変更した。 28MHz帯以上のD-STARのDVモードによるシンプレックス交(受)信を活用して高得点を目指そう。

 

・書類の提出方法として「郵送で送る方法」「電子メールで送る方法」に加えて、「専用Webサイトから送る方法」を本格実施。 コンピューターによる簡易的なログチェックだけでなく、画面上に即時受理通知を受けられる。また、サマリーシートなどの各項目を入力して電子ログ形式の書類を作成し、そのまま提出することもできる。(引続きJARL電子ログR1.0形式に凖じた書類の提出にご協力ください)

 

専用Webサイトによる電子ログ提出はこちらのQRコードから

 

 

 

・電子ログソフト「CTESTWIN」を使って電子ログを提出する際のお願い事項を追記。

 

 

 なお、前回同様に9月16日(月・祝)に開催されたJARL関西地方本部主催「第49回 XPO記念コンテスト」との共同企画で、両方に参加しそれぞれに書類を提出することで特別ルールが適用されるほか、サマリーシートなどを提出する際に82円切手貼付(10月1日以降の消費税値上げにともない84円切手に変更になるかもしてないので要確認のこと)の返信用封筒を同封すると、参加賞を発行(電子メールで書類を提出した場合には別途封筒を送付すること)。また、継続の特別企画として「モリゾー&キッコロ」の種目参加局には抽選で記念品が贈られる。

 

 ログ提出の締め切りは、郵送または電子ログ提出で10月21日(月)まで(当日消印有効)。詳しくは「第14回愛・地球博記念コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

 

「第14回愛・地球博記念コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第14回 愛・地球博記念コンテスト規約
・JARL東海地方本部主催コンテストホームページ
・JARL東海地方本部主催コンテストログ提出用Webサイト
・JARL東海地方本部
・愛・地球博(愛知万博)森の精「モリゾー」と「キッコロ」

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」