hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > <4年に一度、アジア初!「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開催>近畿/九州/東北の各総合通信局に「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置


<4年に一度、アジア初!「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開催>近畿/九州/東北の各総合通信局に「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置

2019年9月20日(金)から11月2日(土)まで全国12の競技会場で、アジア初となる「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が開催される。それにともない、競技場のある各総合通信局では「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置し、電波監視体制を強化を図る。すでに関東総合通信局は9月19日(木)から11月2日(土)まで(2019年9月19日記事)、東海総合通信局では9月23日(月・祝)から10月12日(土)まで(2019年9月13日記事)と既報のとおりだが、あらたに近畿総合通信局が9月21日(土)から10月13日(日)まで、九州総合通信局が9月26日(木)から10月20日(日)まで、東北総合通信局が9月24日(火)から9月25日(水)まで「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置することを公表した。

 

 

 

 

 アジア初の開催となる「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。4年に一度のラグビーの祭典が、2019年9月20日(金)に東京「東京スタジアム 」で開幕戦が、11月2日(土)に横浜「横浜国際総合競技場 」で決勝戦の日程で行われる。

 

 

●「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が開催される全国12の競技会場(ウィキペディアから)

 

 

 

近畿総合通信局が発表した「重要無線通信妨害対策実施本部を設置」の内容は以下のとおり。

 

 

 近畿総合通信局は、ラグビーワールドカップ2019日本大会(9月20日から11月2日)開催に伴い、9月21日(土)から10月13日(日)までの間、局長を本部長とする「近畿総合通信局重要無線通信妨害対策実施本部」を設置し、電波監視体制の強化を図ります。

 

 ラグビーワールドカップ2019日本大会が、9月20日(金)から11月2日(土)の間、全国12の競技会場で48試合が実施されます。このうち、近畿地方では、東大阪市花園ラグビー場(大阪府東大阪市)及び神戸市御崎公園球技場(神戸市兵庫区)で8試合が実施※されるため、会場内での大会用等無線及びその周辺における放送、警察・消防無線、鉄道無線などの重要無線通信に対する混信や電波妨害の発生に備え、試合前日及び当日に電波監視体制を強化します。

 

※近畿地方での試合日程
・東大阪市花園ラグビー場:9月22日(日)、9月28日(土)、10月3日(木)、10月13日(日)
・神戸市御崎公園球技場:9月26日(木)、9月30日(月)、10月3日(木)、10月8日(火)

 

 

 


 

 

 

九州総合通信局が発表した「重要無線通信妨害対策実施本部を設置」の内容は以下のとおり。

 

 

 九州総合通信局は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」(令和元年9月20日~11月2日)において、九州の会場で開催される試合での電波妨害や混信の発生に備え、重要無線通信妨害対策実施本部を設置し、電波監視体制を強化します。

 

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」は、九州では令和元年9月26日から10月20日にかけて、東平尾公園博多の森球技場(福岡県福岡市)、熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本県熊本市)及び大分スポーツ公園総合競技場(大分県大分市)の各会場で計10試合が行われます。

 

 九州総合通信局では、9月25日から九州での全日程終了までの間、重要無線通信妨害対策実施本部を設置し、大会運営のための無線をはじめ、警察・消防、航空、鉄道関係などの重要無線通信に対する電波妨害や混信の発生に備えます。

 

 期間中は、電波監視システムを活用した固定監視に加え、各会場には移動監視チームを派遣するなど、電波監視体制を強化します。

 

 

 


 

 

 

東北総合通信局が発表した「重要無線通信妨害対策実施本部を設置」の内容は以下のとおり。

 

 

 東北総合通信局は、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催に伴い、9月24日(火)から9月25日(水)までの間、同局長を本部長とする「東北総合通信局重要無線通信妨害対策実施本部」を設置し、電波監視体制を強化して、同大会の成功を支援します。

 

概要
 本年9月25日(水)に岩手県釜石市(釜石鵜住居復興スタジアム)で開催されるフィジーVSウルグアイ戦において、放送業務、治安の維持、鉄道業務等の用に供する無線通信及び放送番組中継用を含む大会用無線などの重要な無線通信に対する混信や電波妨害の発生に備え、9月24日(火)から9月25日(水)までの間、電波監視体制を強化します。

 

 

 

 

 

 

 

↓この記事をチェック!

 

関東総合通信局、9月23日(月・祝)から10月12日(土)まで「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のために重要無線通信妨害対策実施本部を設置

 

東海総合通信局、9月23日(月・祝)から10月12日(土)まで「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のために重要無線通信妨害対策実施本部を設置

 

<マイメディア東海>「電波監視官(電波Gメン)」のお仕事、第3弾!…電波監視設備「DEURAS(デューラス)」の活用法

 

 

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

 

●関連リンク:
・九州総合通信局 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開催に伴う電波監視体制の強化-重要無線通信妨害対策実施本部を設置-
・東北総合通信局 東北総合通信局重要無線通信妨害対策実施本部を設置-ラグビーワールドカップ2019日本大会の運営を支える-
・東北総合通信局 ラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックへの運営を支える
・【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会
・ラグビーワールドカップ2019(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」