hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <写真速報!!>「第6回北海道ハムフェア」好天の札幌市東区で2年ぶりに開催!!


<写真速報!!>「第6回北海道ハムフェア」好天の札幌市東区で2年ぶりに開催!!

2019年9月21日(土・祝)13時、北海道札幌市東区の札幌総合卸センター共同会館で「第6回北海道ハムフェア」(JARL北海道地方本部主催)が開幕した。秋の深まりを感じさせる爽やかな好天の中、北海道内の各地はもとより本州各地からも熱心なアマチュア無線家が来場し賑わった。同イベントは9月22日(日)も9~16時に開催される。

 

 

開幕セレモニーでテープカットを行う関係者

 

 

「北海道ハムフェア」は、北海道最大のアマチュア無線の祭典として1988年に始まり、1989年と1991年にも行われた。2015年に24年ぶりとなる復活を果たし、それ以後は隔年秋の開催となり今回で通算6回目の開催となった。

 

会場となった札幌総合卸センター共同会館。再開発のため「北海道ハムフェア」での使用は今回が最後となる模様だ

 

 会場にはアマチュア無線機器メーカーや販売店、総務省やJARL、JARDなどの関連団体、クラブ局や個人局などを含め56ブース(主催者発表による。前回よりも3ブース減)が出展。JR札幌駅から徒歩10分程度と交通の便も良いことから、道内各地はもちろん、本州方面からの来場者も多くみられ開始直後から賑わいを見せた。では、初日の会場内の模様を写真で紹介しよう。

 

 

初日の会場内の模様。掘り出し物を探す来場者で混雑した

JARL北海道地方本部のブース

Radio JARL.comのブース。演歌歌手でJARL広報大使の水田かおり(JI1BTL)が担当

十勝アマチュア無線クラブのブース

北海道電波適正利用推進協議会のブース

全国高等学校アマチュア無線連盟のブース

国際コミュニティを誘致する会のブース

北海道無線電信愛好会のブース

ハムのラジオのブース

JO2ASQ局の個人ブース。IC-9700に大容量のバッテリと取っ手、ホイップ用アンテナ端子を取り付けたポータブル改造機が登場

昭和のラジオ屋さんのブース

中古のTS-520XやFT-101S、TS-820Dなどがこの価格!

道産子CBer’s フリーライセンスレディオフォーラムの集合写真

鹿児島から参加のUSBIF4CW 第一工業大学のブース

北海道ハムフェア特別記念局、8J8HAM公開運用コーナー

でんきがらくた愛好会のブース

札幌市赤十字奉仕団のブース

北海道VoIP Reflector HAM Clubのブース

アイコムはポータブル機の新製品、IC-705を展示。実売価格10万円程度で来春の発売を目指すという説明だった

スマホで撮影した画像をアプリを介してIC-9700に送り、画像伝送するデモンストレーション。2019年10月末頃に対応した新ファームウェアをリリース予定

三木JARD会長の講演「アマチュア無線の再活性化」

アイコムの稲葉氏による講演「IC-705の魅力」

八重洲無線の池田氏による講演「新製品FTDX101・FT3Dの紹介」

プログラムになかった髙尾JARL会長の講演「JARLの現状と最近の取り組みについて」が追加で行われた

 

 

 

●関連リンク:
・第6回北海道ハムフェア
・2019北海道ハムフェアの様子(主催者ブログ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」