hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > エアーバンド > <航空自衛隊のコールサイン変更に対応、航空祭の使用周波数をリニューアル>三才ブックス、9月28日に「航空無線のすべて2020」を刊行


<航空自衛隊のコールサイン変更に対応、航空祭の使用周波数をリニューアル>三才ブックス、9月28日に「航空無線のすべて2020」を刊行

株式会社三才ブックスは、2019年9月28日に「航空無線のすべて2020」を刊行する。同書は毎年、民間機や軍用機のエアーバンドから航空祭情報や受信機材などの最新情報を掲載しているムックで、今回は航空祭の華「ブルーインパルス」の受信攻略を特集している。別冊付録の「エアーバンド手帳2019-2020」では航空自衛隊のコールサイン変更にも対応し、航空祭の使用周波数をよりわかりやすく掲載した。価格は1,500円+税。

 

 

「航空無線のすべて2020」表紙

 

 

 hamlife.jpでは、趣味(hobby)としての「無線」に関連した雑誌や書籍の刊行情報も紹介している。三才ブックスは毎年、秋の航空イベントシーズンの直前に、民間機や軍用機といった航空無線の受信方法と周波数データ、用語解説、受信機選びなどをまとめたムック「航空無線のすべて」シリーズを刊行している。

 

 9月28日に刊行する最新刊「航空無線のすべて2020」は、航空祭の華「ブルーインパルス」の受信攻略を特集。さらにこの1年間に行われた主要な航空祭のリポート、現行13モデルのエアーバンドが聞こえるハンディ機のベストバイやミリタリーエアーバンドの基礎知識といった受信入門記事を掲載している。

 

 また別冊付録の「エアーバンド手帳2019-2020」では、空港・基地の割当て周波数や航空祭の使用周波数(航空祭でのエアーバンドとFM波を合わせて掲載)のほか、変更された航空自衛隊のコールサインなども掲載している。同書の内容は次のとおり。

 

◆「航空無線のすべて2020」仕様
・版型:A5判 164ページ
・別冊付録:「エアーバンド手帳2019-2020」196ページ
・価格:1,500円+税

 

◆記事内容:

総力特集 アクロバット飛行チーム、ブルーインパルスのエアーバンドを聞いて楽しむガイド
・受信の基礎知識
・エアーバンド徹底解説
・T-2時代のエアーバンド
・使用する周波数を探す

 

航空祭リポート
・美保基地航空祭
・千歳基地航空祭
・松島基地航空祭
・霞目駐屯地記念行事
・エアーメモリアルinかのや
・ヘリコプターフェスティバル in TATEYAMA2019

 

Mission 1 受信機材編 現行13モデル・エアーバンドハンディ機ベストバイ
・アイコム IC-R6/IC-R30/ID-51
・アルインコ DJ-X11A/DJ-X81
・エーオーアール AR8200MARK3/AR-DV10
・JVCケンウッド TH-D74
・八重洲無線 FT3D/FT-60/VR-160/VX-3
・ユニデン BCD436HP
・IC-R30をスマホで操作
・アンテナ交換で電波増し増し
・ミニ&ショート13本アンテナインプレ
・エアーバンド専用アンテナの実力
・ループアンテナ使用リポート
・エアーバンド中華ラジオ対決!

 

Mission 2 受信入門編
・ミリタリーエアーバンドの基礎知識
・非公開周波数GCIの全貌
・陸上&海上自衛隊のエアーバンド最前線
・航空祭のエアーバンドはこう聞こえる

 

「航空無線のすべて2020」目次

 

 

<別冊付録>
航空祭で使用した周波数データ(改定版)と航空自衛隊の最新コールサインを掲載
「エアーバンド手帳2019-2020」

 

別冊付録「エアーバンド手帳2019-2020」

 

 

同書の購入は、下記のAmazonリンクが便利で確実だ。

 

 

 

 

 

●関連リンク:航空無線のすべて2020(三才ブックス)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」