hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <「ハムフェア2020」の開催や理事からの提案についてを審議>JARL、第47回理事会報告を会員専用ページに掲載

<「ハムフェア2020」の開催や理事からの提案についてを審議>JARL、第47回理事会報告を会員専用ページに掲載

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、2019年9月28日(土)・29日(日)にJARL事務局会議室で第47回理事会を開催し、10月4日にその報告をWebサイトの会員専用ページで公開した。同理事会では「2020アマチュア無線フェスティバルの開催について」「理事からの提案について」という2つの議題が討議された。なお2019年6月23日の第8回定時社員総会後に予定された第46回理事会は定足数に満たなかったため不成立となったことが明記された。同理事会報告の閲覧はJARL会員のみで、コールサインと登録したパスワードが必要となる。

 

 

 

 JARL Webの会員専用ページに掲載された第47回理事会報告によると、第1号議題の「2020アマチュア無線フェスティバルの開催について」では、2020年にハムフェアを開催するための会期と会場を調査し、複数の候補となる会場の確保を進めてきたが、今年度同様に東京ビッグサイトでの開催が可能になったとの説明が行われ、2020年10月31日(土)~11月1日(日)に東京ビッグサイト西展示棟3・4ホールでの開催を全員異議なく承認したという。

 

 また第2号議題「理事からの提案について」では、理事から提案された4つの議題について説明があり、それぞれ審議を行った。

 

①諸外国のアマチュア局免許制度において、アマチュア局を免許する際に当該アマチュア局の無線設備における技術基準通合の確認・証明の有無に関する調査の実施に関する決議(案)
→諸外国におけるアマチュア局の免許制度において、免許人自己責任制度の採用の有無を調査する必要があるとの提案で、2020年3月末を目途に理事等の協力を得るものとして事務局で調査結果の取りまとめを行い、理事会に報告することとした。

 

② 総務省への要望書の提出に関する規定の制定について(案)
→原則として毎年1回総務省へ要望書を提出することとし、このために必要となる事項を定めた規定の制定についての提案で、「要望書提出を規定化するのはなじまないのでは」 「規定の制定で要望書提出が受け継がれる」などの意見が出され、賛成7名、反対8名で否決した。

 

③入会者及び退会者等の分析調査の実施に関する決議について(案)
→会員増対策の参考のため、(1)1年度間における正員新規入会者の内訳(年齢、資格、アマチュア局開設時期等)および退会者の内訳(年齢、資格、加入時期等)、(2)総務省への情報開示請求による1年度間における新規4アマ取得者における年齢分布(総務省が情報開示を行った場合に限る)の調査の必要性についての提案で、審議の結果(1)の正員新規入会者の内訳を「年齢、資格、性別、アマチュア局開設時期(可能ならば)等」、退会者の内訳を「年齢、資格、性別、加入時期等」とし、(2)の総務省への情報開示請求に「住所」項目を追加して、2020年2月理事会までに事務局が調査を実施し、理事会に報告することとした。

 

④無線局免許状の備付け場所に関する電波法施行規則第38条第3項の規定の改正についての決議(案)
→現在、無線局免許状は常置場所に備え付けることが規定されているが、移動運用時に免許状提示ができるよう、規制を緩和して無線局免許状の備え付け場所を“常置場所または無線局を運用する場所”と改正するように総務省へ要望し交渉すべきとの提案で、賛成8名、反対7名で可決した。

 

 

 このほか「第8回定時社員総会で出された要望・意見等について」(事務局で要望・意見等の対応状況の取りまとめを行い、次回理事会で報告)、「前・前田関東地方本部長からの地方本部会計処理に関する申出について」(前・前田関東地方本部長から在任中の地方本部費の赤字について返済の申し出があったが、在任中の不明朗な会計処理に関する事情聴取に応じていないことから、会長と副会長が立ち会いのもと、再度監事が事情聴取することとした)という2つの協議事項と、業務報告(総務省のパブリックコメントへの意見提出、総務省へアマチュア無線業務に関する規制緩和の要望書提出ほか)が行われた。理事会報告には関連する別紙も掲載されている。

 

 なお2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピック競技大会の特別記念局を2020年7月から8月の約1か月間、東京都西東京市で開設運用するほか、全国展開の開設運用も予定し、記念のコンテストやアワードも実施する予定であることと、特別コールサインの指定と外国人の運用を認める措置を総務省へ要望していることも報告されている。

 

 

 理事会報告の詳細は、下記関連リンクのJARL会員専用ページ(要ID、パスワード)からPDF形式で閲覧が可能だ。

 

 

 

●関連リンク:第47回理事会報告(JARL Web 会員専用ページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」