hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <144MHz帯SSBモードのみ>築南アマチュア無線クラブ(TARC)、11月2日(土)0時から2日間「第1回 レインボーコンテスト」開催

<144MHz帯SSBモードのみ>築南アマチュア無線クラブ(TARC)、11月2日(土)0時から2日間「第1回 レインボーコンテスト」開催

茨城県つくば市に事務局を置く「築南アマチュア無線クラブ(TARC)」は2019年11月2日(土)0時から11月3日(日)23時59分までの2日間にわたり、JARL会員で国内で運用のアマチュア個人局を対象に、144MHz帯SSBモードで「第1回 レインボーコンテスト」を開催する。なお、交信局数は20局以上で、移動運用は同一エリアに限る。

 

 

 

 参加部門は「一般局部門」と「メンバー局部門」の2つ。呼び出し方法は「CQ レインボーコンテスト」。交信は通常の交信とし、「RS符号による相手局のシグナルレポート」+「市・郡名(市・郡ナンバーでも可)」。

 

 一般YL局との交信は「RS符号による相手局のシグナルレポート」のあとに必ず「YL」を、会員YL局との交信は「RS符号による相手局のシグナルレポート」のあとに必ず「MYL」を、会員OM局との交信は「RS符号による相手局のシグナルレポート」のあとに必ず「M」をそれぞれ付けて送る。

 

 得点は、一般局との交信の場合、OM局が1点、サフィックス2文字局は5点、YL局は10点など。会員局と交信の場合、OM局(2文字コールサインを含む)が20点、YL局は30点など細かく条件が分かれている。また9月1日から10月31日まで運用した事前PR指定特別局との交信は、バンドやモードを問わず1回のみ20点を加算できる。

 

 ログの提出は電子メールのみで12月5日(木)23時59分まで。詳しくは「第1回 レインボーコンテスト」の規約で確認してほしい。

 

 

「第1回 レインボーコンテスト」の規約

 

 

 

●関連リンク:
・第1回 レインボーコンテスト規約(jpg形式)
・築南アマチュア無線クラブ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」