hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <スタッフの高齢化に伴う措置>NPO法人「ラジオ少年」、2020年3月末で一般へのキット・部品の頒布を終了


<スタッフの高齢化に伴う措置>NPO法人「ラジオ少年」、2020年3月末で一般へのキット・部品の頒布を終了

北海道札幌市に事務局を置くNPO法人「ラジオ少年」(代表:JA8ATG 原 恒夫氏)は2019年11月13日、スタッフの高齢化に伴い一般へのキットおよび部品の頒布事業を2020年3月末で終了することを発表した。なおJARL関係と教育関係へのサービスは今後も継続するという。

 

 

NPO法人 ラジオ少年のWebサイト

 

 

 NPO法人 ラジオ少年は「次代に生きる青少年に“ラジオづくりの楽しさや科学する心、創造性、もの作り”などを伝えよう」と、JA8ATG 原氏をはじめとする北海道のアマチュア無線家有志によって2005(平成17)年に結成された北海道知事認可の特定非営利活動法人だ。札幌市東区の事務所(札幌ラジオ会館)を拠点として、トランジスタや真空管式の各種キットをはじめ、他では入手困難なものを含む貴重な電子部品類、トランス、真空管、工具などの頒布を行っている。

 

 さらに2009(平成21)年からはアマチュア無線技士の養成課程講習会を開催し、2019年11月13日現在で4・3アマ合計4,048名の修了者を輩出している。

 

NPO法人 ラジオ少年の真空管ラジオキット頒布ページより

今年の「第6回北海道ハムフェア」ではJARL石狩後志支部と共同でブースを出展し“ラジオ製作会”を行った

 

 

 このほどラジオ少年のWebサイトに掲載された、一般向けのラジオ・部品の頒布終了の告知は下記の通り。

 


 

★来年3月末をもって一般の皆様へのキット、部品の頒布終了

 

 私どもスタッフの高齢化に伴い、来年3月末をもって一般の皆様へのキットと部品の頒布を終了することになりました。長期のご利用をありがとうございました。
 なお教育関係、JARL関係へのサービスは継続いたします。

 

 


 

 インターネット上では一般への頒布終了を惜しむ声が上がっている。NPO法人 ラジオ少年の詳細は下記関連リンク参照。

 

 

 

●関連リンク:NPO法人 ラジオ少年

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」