hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <アマチュア衛星「ふじ3号」最新情報>JARL、日本時間2019年12月1日(日)から2020年1月16日(木)まで計32回の運用予定を公表


<アマチュア衛星「ふじ3号」最新情報>JARL、日本時間2019年12月1日(日)から2020年1月16日(木)まで計32回の運用予定を公表

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)が打ち上げた3機目のアマチュア衛星「ふじ3号(JAS-2、FO-29)」。打ち上げから23年が経過し、一時、CWテレメトリとトランスポンダの動作が確認できなくなったことから、日本を通過するパスにコマンドの起動を試すので受信レポートを送ってほしいと呼びかけたところ、国内外から多くの情報提供が寄せられた(2019年9月13日記事)。JARLでは、「不安定な運用が続いておりますが、次のパスで送信機をオンにする予定です」として、日本時間の2019年12月1日(日)から2020年1月16日(木)まで計32回の運用スケジュールをあらたに公表した。

 

 

 

 

 

 JARLが開発・運用を行うアマチュア衛星「ふじ3号(JAS-2、FO-29)」(コールサイン:8J1JCS)は、1996年8月17日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。いあゆる低軌道衛星で、近地点高度が799km、遠地点高度が1,320km、傾斜角99度、周期約106分の円軌道で周回している。

 

 アップリンク145.900~146.000MHz(LSBまたはCW)、ダウンリンク435.900~435.800MHz(USBまたはCW)のトランスポンダー(出力1W)を搭載しているほか、ビーコンが435.795MHzで送信されている(ドップラーシフトにより±6kHz程度の変動がある)。打ち上げから23年が経過した2019年まで一部機能が動作を続けているが、デジトーカーやパケット通信BBS機能はすでに停止している。

 

 

 

●ふじ3号(FO-29)運用予定について(2019年12月26日掲載)

 

 

 

 ふじ3号(FO-29)につきましては、不安定な運用が続いておりますが、次のパスで送信機をオンにする予定です。

 

 日時はUTCですので日本時間に変換する場合は9時間プラスしてください。

 

 なお、運用はUVC(下限電圧制御)が動作するまでとなります。

 

 

 

【ふじ3号のアナログ送信機をオンにする予定時刻(UTC)】

 

 

●2019年
12月1日(日) 05:10~(日本時間14:10~)/17:00~(日本時間12月2日02:00~)
12月7日(土) 04:55~(日本時間13:55~)/16:45~(日本時間12月8日01:45~)
12月8日(日) 05:45~(日本時間)
12月14日(土) 05:30~(日本時間14:30~)
12月15日(日) 04:35~(日本時間13:35~)
12月28日(土) 04:55~(日本時間13:55~)
12月29日(日) 05:45~(日本時間14:45~)
12月31日(火) 15:50~(日本時間2020年1月1日00:50~)

 

 

●2020年
1月1日(水) 04:40~(日本時間13:40~)/06:25~(日本時間15:25~)/16:40~(日本時間1月2日01:40~)
1月3日(金) 04:35~(日本時間13:35~)/06:20~(日本時間15:20~)
1月4日(土) 05:25~(日本時間14:25~)
1月5日(日) 04:30~(日本時間13:30~)/06:15~(日本時間15:15~)/16:25~(日本時間1月6日01:25~)
1月11日(土) 04:15~(日本時間13:15~)/06:00~(日本時間)15:00~/17:55~(日本時間1月12日02:55~)
1月12日(日) 05:05~(日本時間14:05~)/17:00~(日本時間1月13日02:00~)
1月13日(月・祝) 04:10~(日本時間13:10~)/05:55~(日本時間14:55~)
1月18日(土) 04:50~(日本時間13:50~)/06:35~(日本時間15:35~)
1月19日(日) 03:55~(日本時間12:55~)/05:40~(日本時間14:40~)
1月26日(木) 04:30~(日本時間13:30~)/06:15~(日本時間15:15~)

 

 

※データ取得のためこの運用計画以外にも短時間ですが送信機をオンにすることがあります。なお10月26日(土)、10月27日(日)は行いません。

 

 

 

 条件さえよければ、ハンディ機と簡単な八木アンテナで「ふじ3号」からの信号を受信することができる。詳しくは、記事下の「関連リンク」から「魅力たっぷりの宇宙通信に挑戦!アマチュア衛星『ふじ3号』を楽しもう!」にある「テレメトリーを受信してみよう!」を参考にするといいだろう。

 

 

 

●ふじ3号(FO-29)電源系の現状に関する考察(JARL資料から)

 

 

 

 

●関連リンク:
・-ふじ3号最新情報-ふじ3号(FO-29)運用予定について(2019年11月26日掲載)(JARL Web)
・ふじ3号(FO-29)電源系の現状に関する考察(JARL Web/PDF形式)
・魅力たっぷりの宇宙通信に挑戦!アマチュア衛星「ふじ3号」を楽しもう!(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」