hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > <タップ切り替えで9バンドに対応!!>コメット、3.5~50MHz帯をカバーするロッド式アンテナ「HFJ-350M」を発売中


<タップ切り替えで9バンドに対応!!>コメット、3.5~50MHz帯をカバーするロッド式アンテナ「HFJ-350M」を発売中

コメット株式会社はタップ切り替え式で3.5~50MHz帯の9バンドをカバーする1/4λベースローディングアンテナ「HFJ-350M」を発売中だ。移動運用を考慮しエレメントは10段ロッド式を採用(最小時約370mm、最大時1,610mm)。底部にM型オスコネクタを装備し、付属のジャンパーリード式タップを本体コイル部に差すだけで周波数切り替えが容易にできる。耐入力は100W SSB(3.5MHz帯は75W SSB)。希望小売価格は11,000円(税別)。

 

 

コメットの新製品、HFJ-350M

 

 

 HFJ-350Mは2019年8月初旬に一部販売店に発売情報が流れ、8月25日頃から出荷が始まった。また「ハムフェア2019」の同社ブースでも展示されたが、同社Webサイトには掲載されていない。

 

ハムフェア2019会場で展示されたHFJ-350Mとジャンパーリード式周波数切替タップ部の説明

 

 このアンテナを八重洲無線のポータブル機「FT-817」「FT-818」の底部にL型の変換コネクタ(MPMJL)を取り付けるスタイルが移動運用ファンの間で広まりつつあるが、モービル運用やアパマンハムが自宅のベランダからのQRVに利用することもできるという(1/4λのホイップなので運用時は接地が必要)。今後アイコムのIC-705が発売開始になると、同機種を使った移動運用でも愛用されることだろう。

 

FT-817/818との接続例

 

 以下、このほどコメット株式会社から届いた資料からの抜粋でHFJ-350Mを紹介する。

 

3~50MHz HF/6m 9バンド対応 1/4λベースローディングタイプ ロッドアンテナ
HFJ-350M(希望小売価格 11,000円+税)

 

<特徴>
・移動運用に便利な、収容時にコンパクトにまとめられる分割構造を採用しました。
・ジャンパーリード式周波数切替タップを採用し、簡易に周波数変更可能な構造とした、マルチバンドHF~50MHz帯用のロッドアンテナ(1/4λベースローディングタイプ)です。

 

<スペック>
・空中線型式:単一型 1/4λ(※使用時、接地が必要となります)
・周波数:3~50MHz
・送信周波数:3.5/7/10/14/18/21/24/28/50MHz帯 9バンド
・耐入力:100W SSB(3.5MHz帯は75W SSB)
・インピーダンス:50Ω
・コネクタ:M-P型
・全長:約370~1610mm(10段式ロッド)
・重量:約245g

 

 

 なお11月27日朝現在、HFJ-350Mは同社Webサイトに掲載されていない。詳細は同社カスタマーサポートセンター(電話 048-839-3132 平日10~12時、13~17時)に問い合わせるか、同社製品取り扱いの無線ショップに確認してほしい。

 

 

 

●関連リンク:コメット株式会社

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」