hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <希望小売価格は124,800円(税別)、発売は2020年3月下旬を予定>アイコム、ポータブル機「IC-705」発売を正式告知


<希望小売価格は124,800円(税別)、発売は2020年3月下旬を予定>アイコム、ポータブル機「IC-705」発売を正式告知

アイコム株式会社は2019年12月16日、今年の「ハムフェア2019」で展示したHF~430MHz帯をDV(D-STARのデジタルボイス)を含むオールモードでカバーするポータブル機「IC-705」の発売を正式発表した。希望小売価格は124,800円(税別)、発売開始予定日は2020年3月下旬。年間販売予定数は10,000台と公表されている。なお同社は12月21日(土)に大阪・日本橋、12月22日(日)に東京・秋葉原でIC-705のプレ視聴会を開催する。

 

 

アイコムの新製品「IC-705」

 

 

 アイコムは今年の「ハムフェア2019」の同社ブースでHF/50/144/430MHz帯をオールモード(SSB/CW/RTTY/AM/FM/DV)でカバーするポータブル機(最大10W出力)のIC-705を発表し注目を集めたが、このほど発売を正式に告知し希望小売価格と発売開始時期が明らかになった。なおIC-705の標準付属品にV/UHFホイップアンテナ、アンテナ変換コネクタ、バッテリー充電用ACアダプターは含まれない模様なので注意が必要だ。また今回の発表でIC-705の底面に三脚ネジ穴が設けられていること、micro USB端子にCOMポートを2系統装備していることがわかった。

 

 同社のプレスリリースから抜粋で紹介する。

 

HF~430MHz帯をDV(デジタルボイス)を含むオールモードでカバーする
ポータブルトランシーバー「IC-705」を新発売

 

 アイコム株式会社は、HFから430MHz帯をDV(デジタルボイス)を含むオールモードでカバーする、移動運用に最適なアマチュア無線用ポータブルトランシーバー「IC-705」を2020年3月下旬に新発売します。

 

 IC-705ではIC-7300/IC-9700で高く評価されているRFダイレクト・サンプリング方式を採用。 軽量約1kg(付属のリチウムイオンバッテリーBP-272含む)&コンパクトボディに、最高水準の速度と解像度を誇るリアルタイムスペクトラムスコープ&ウォーターフォール表示をはじめとした、多彩な機能を実現しています。また、タッチ操作に対応した4.3インチの大型カラーディスプレイにより、豊富な機能を直感的に操作することができます。

 

 さらに、付属バッテリー(BP-272)で最大出力5W、外部電源(13.8V時)で最大出力10Wを実現。WLAN/Bluetooth無線技術による接続に対応したほか、GPSアンテナ、micro USBコネクター、microSDカードスロットも装備しています。もちろん、JARL(日本アマチュア無線連盟)が推奨するアマチュア無線のためのデジタル通信D-STARのDV(デジタルボイス)モードにも対応。ターミナルモード/アクセスポイントモードをはじめとしたD-STARの機能をフル装備しています。

 

 移動、フィールド運用に最適なマルチバッグ LC-192(オプション)もラインナップされた、まさにフィールド運用のためのトランシーバー。HFから430MHz帯をオールモードでカバーするIC-705は、アマチュア無線の楽しみとアクティビティを、より一層高める期待の新製品です。

 

<おもな特長>

 

●HF+50MHz+144MHz+430MHz をオールモードでカバー
 HFから50/144/430MHzまで、多彩なバンドをSSB、CW、RTTY、AM、FMに加えD-STARのDVモードで楽しむことができます。また、受信は30kHzから144MHz帯まで連続カバー。FM放送やエアバンド等の受信を楽しむことができます。

 

●RFダイレクト・サンプリング方式を採用
 RF信号を直接デジタル信号に変換して、FPGA(Field Programmable Gate Array)で信号を処理するRFダイレクト・サンプリング方式を採用。アナログ信号の処理過程においてミキサーで起こるような非線形歪みの発生がなく、極めて優れたフェーズノイズ特性を達成するとともに、クラスで初めて高速/高解像度を誇るリアルタイムスペクトラムスコープ&ウォーターフォールを実現しています。(25MHz以上はダウンコンバージョンIFサンプリング方式)

 

●リアルタイムスペクトラムスコープ&ウォーターフォールを搭載
 高い評価を得ているIC-7300やIC-9700のスコープの性能と機能をそのまま継承。目で見てバンドコンディションを把握したり、空き周波数を確認したり、従来のフィールド運用の域を超えた高度なオペレーションを可能にします。

 

 

●タッチ操作対応の大型カラーディスプレイを搭載
 IC-7300やIC-9700と同じサイズ<4.3インチ>の大型カラーディスプレイを採用。タッチ操作で直感的に各種項目を設定することが可能です。フィールドでの視認性、操作性が飛躍的に向上します。

 

 

●軽量&コンパクトボディ
 固定機に迫る性能と機能を、幅約20cm、高さ8.35cm、奥行き8.2cmのコンパクトサイズに収めています。重量は約1kg(充電池BP-272含む、アンテナを除く)。片手で持てるサイズと軽さを実現しています。

 

 

●リチウムイオンバッテリー(BP-272)、外部電源(13.8V)の使用が可能
 ハンディトランシーバーID-51やID-31シリーズでも使用できるリチウムイオンバッテリーBP-272(付属)の使用が可能。もちろん外部電源(13.8V)にも対応しています。

 

●付属バッテリーで最大出力5W、外部電源(13 8V時)で最大出力10Wを実現
 ポータブル機でありながら、最大出力10W(外部電源13.8V時)を実現。付属のリチウムイオンバッテリーBP-272使用時は、最大出力5Wでの運用が可能です。QRP(5W)はもちろん、QRPp(0.5W)にも対応しています。

 

 

●WLAN/Bluetooth無線技術による接続に対応
 WLAN/Bluetooth無線技術による接続に対応。スマートフォンとの連携やリモートコントロール、さらにはBluetooth技術搭載のヘッドセットVS-3(オプション)の使用が可能です。

 

●GPSアンテナ、GPSロガーを搭載
 高性能GPSアンテナを搭載。D-STARのDVモードなら通話しながら位置情報の送受信が可能です。この高性能GPSによりGPSログ機能、最寄りレピータ自動リストアップ機能など、多彩な機能を実現しています。また交信録音ファイルへの自局位置の記録、内蔵時計の時刻補正も可能です。

 

●microSDカードスロットを装備
 交信内容の録音、送信用音声、RTTYデコードのログ、表示画面のキャプチャー画像、無線機の各種設定、GPS等のデータを保存だけでなく、ファームアップや各種プログラミング等に活用できるmicroSDカードスロットを装備しています。

 

●D-STARの機能もフル装備
 DR機能、ターミナルモード/アクセスポイントモードなど、快適にD-STARを楽しむための機能をフル装備しています。またIC-705本体だけで、保存した写真の送受信、閲覧が可能です。

 

●micro USB端子を装備
 COMポートを2系統装備。これにより、リグのコントロールとCWやRTTYの運用を同時に実現できます。また、オーディオ(変調/復調)も可能です。

 

 

●カスタマイズボタンを備えたスピーカーマイクが付属
 カスタマイズボタンを備えたスピーカーマイク<HM-243>が付属しています。スピーカーマイクは、周波数や音量のアップダウン、各種機能を割り当て可能なカスタマイズボタンを装備しています。

 

 

●移動、フィールド運用に最適なマルチバッグLC-192を用意
 IC-705 をすっきりと収納できるだけでなく、アンテナの装着、同軸やマイクケーブルを通すホールなど、多彩な機能を備えたマルチバッグLC-192(オプション)。IC-705をバッグに入れたままで運用できる仕様になっています。

 

オプションのマルチバッグ LC-192

 

<付属品>
・スピーカーマイクロホン<HM-243>
・リチウムイオンバッテリー<BP-272/7.4V、2000mAh(typ.)>
・DC電源ケーブル ほか

 

<オプション>
・BC-202 急速バッテリーチャージャー:4,800円+税
・BC-217S ACアダプター(USB型、バッテリー充電用):価格未定
・CS-705 プログラミングソフトウェア:無償ダウンロード
・HM-243 スピーカーマイクロホン:価格未定
・LC-192 マルチバッグ:価格未定
・RS-BA1version2 IPリモートコントロールソフト:8,500円+税
・ST-4001A 画像トリミング用ソフトウェア(Android版):無償ダウンロード
・ST-4001W 画像トリミング用ソフトウェア(Windows版):無償ダウンロード
・VS-3 Bluetoothヘッドセット:9,800円+税

 

 

なお同社は12月21日(土)に大阪・日本橋、12月22日(日)に東京・秋葉原でIC-705のプレ視聴会を開催する。詳細は下記記事参照。
<発売直前!! 性能体感&講演+アンテナ展示>アイコム、東京・秋葉原と大阪・日本橋で「IC-705プレ視聴会」を開催

 

 

 

●関連リンク:HF~430MHz帯をDV(デジタルボイス)を含むオールモードでカバーするポータブルトランシーバーIC-705を新発売(アイコム プレスリリース)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」