hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <機能と不具合の改善および最適化>八重洲無線、FT3Dの新ファームウェアを初公開

<機能と不具合の改善および最適化>八重洲無線、FT3Dの新ファームウェアを初公開

八重洲無線株式会社は2019年12月19日、C4FMデジタル対応の144/430MHz帯ハンディ機の新製品、FT3Dのファームウェアを初めて更新し、メインファームウェアのVer.1.02、サブファームウェアのVer.1.02をそれぞれリリースした。同社によると「メモリー編集ソフト(ADMS-11)を使用して編集したメモリーバンク情報の一部がBバンドに反映されない不具合を改善」「2GB microSDカードを認識しない不具合を改善」「その他、機能改善および最適化」を行ったという。

 

 

 八重洲無線のFT3Dの新ファームウェア公開は今回が初めてとなる。メインファームウェアとサブファームウェアがそれぞれバージョンアップされた。発表した新ファームウェアの内容は下記の通り。

 

 

★12月19日に公開されたFT3Dの新ファームウェア:

 

・FT3D用 メインファームウェア Ver.1.02

 

・FT3D用 サブファームウェア Ver.1.02

 

おもな変更点:

 

(1)メモリー編集ソフト(ADMS-11)を使用して編集したメモリーバンク情報の一部がBバンドに反映されない不具合を改善しました。

 

(2)2GB microSDカードを認識しない不具合を改善しました。

 

(3)その他、機能改善および最適化を行いました。

 

 なお、ファームウェアの更新には、FT3D付属のUSBケーブルを使用する。無線機とパソコンを接続する前に、アップデートマニュアルを読み、パソコンに必要なソフトウェアとUSBドライバーをインストールする必要がある。アップデート作業を行う際は事前にマニュアル等で手順を確認のこと。ダウンロードは下記関連リンクより。

 

 

 

●関連リンク:FT3D 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」