hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【写真速報】12月21日、大阪・日本橋で開催「IC-705プレ視聴会」の模様

【写真速報】12月21日、大阪・日本橋で開催「IC-705プレ視聴会」の模様

アイコム株式会社は12月21日(土)、大阪・日本橋のアイコム情報機器ビル(デジハムサポート、ギガラボ)で、HF~430MHz帯のオールモードポータブル機「IC-705」の性能を体感できる「IC-705プレ視聴会」を開催し、多くの来場者で賑わった。当日の模様を写真で速報する。なお同プレ視聴会は12月22日(日)に東京・秋葉原のCIVI研修センター秋葉原でも開催される。

 

 

大阪・日本橋で開催された「IC-705プレ視聴会」。開場直後の5階展示コーナーの風景

 

 

IC-705プレ視聴会の開催情報はこの記事を参照↓
<発売直前!! 性能体感&講演+アンテナ展示>アイコム、東京・秋葉原と大阪・日本橋で「IC-705プレ視聴会」を開催

 

 アイコムは「ハムフェア2019」で展示したHF~430MHz帯をDV(D-STARのデジタルボイス)を含むオールモードでカバーするポータブル機「IC-705」を2020年3月に発売することを12月16日に正式発表した。メーカー希望小売価格は124,800円(税別)で、無線ショップでの実勢価格は10万円前後(税別)になるものと推測されている。なおIC-705にはリチウムイオンバッテリーとスピーカーマイクが付属するが、充電器やホイップアンテナは付属しないので注意が必要だ。

 

 IC-705の開発が順調に進んだことから、アイコムは12月21日(土)に大阪・日本橋、翌22日(日)に東京・秋葉原でそれぞれ「IC-705プレ視聴会」を開催することになった。このうち12月21日に大阪・日本橋で行われた視聴会の模様を写真で速報する。

 

 

会場となった大阪・日本橋のアイコム情報機器ビル。1階にはデジハムサポート、5階にはギガラボが入居。3階は養成課程講習会などの教室として使われている

会場5階にはIC-705の試作機が3台展示され、自由に操作を体験することができた

ディスプレイ上部の機種名表記「IC-705」の隣に「GPS」というマークが入った(写真:丸で囲んだ部分)。ハムフェア2019で展示された試作機には見られなかった変更点だ

IC-705の新たなパンフレットが掲示・配布された。消費電流などの詳細なスペックはまだ公表されていない

底面に設けられたカメラ用の三脚穴が初めて公開された

無線LANによるネットワーク接続が可能

右側面パネルのKEYジャック、micro USBコネクタ、外部電源端子。micro USBコネクタ経由でリチウムイオンバッテリーに充電が可能という

左側面パネルのBNCアンテナコネクタ、SP/MIC端子、Micro SDカードスロット、アース端子

移動運用に便利なマルチバック「LC-192」は、IC-705の出荷とほぼ同時期に発売開始になるという。収納に使えるポケット類も多い。また内部にある垂直の仕切り版は位置を変更することができる

マルチバック「LC-192」の上部。ここにIC-705を収納し固定できる

「LC-192」側面の樹脂板にL型アングルを固定し、HFのホイップアンテナを取り付けた加工例を発表

第一電波工業はIC-705で使用できるHF固定アンテナ、ホイップアンテナなどを展示

第一電波工業の7~430MHz帯広帯域アンテナ「RHM10」(左)とBNCコネクタを採用した7~50MHz帯ロッドタイプアンテナ「RHM8B」

コメット株式会社は3.5~50MHz帯ホイップアンテナ「HFJ-350M」専用の1.8~1.9MHz帯用拡張コイルを参考展示。「反響が大きければ市販を検討したい」という説明だった

コメットはHFJ-350M本体とコイル類、ジャンパーリード式タップなどをまとめて収納できるポーチを試作。クルクルと丸めて持ち運び可能

会場3階では「IC-705の魅力」「IC-705&IC-9700で楽しむD-STAR」の講演が行われた

講演会場は満席で立ち見も出る状態だった

IC-705とIC-9700、他のD-STAR機器との機能比較表

IC-9700とIC-705のMENU比較画面

 

 

 なお「IC-705の魅力」講演後(第1回目)の質疑応答および要望は次のとおり。

 

●「付属スピーカーマイクのボタンがCW運用時にパドルの代わりになるようにしてほしい(要望)」
●「奥行きが長くなっても良いので、50W機や100W機も出して欲しい(要望)」
●「アンテナコネクタをどうしてBNC型にしたのか。M型にしてほしかった」(回答:サイズ的な制約のため)
●「専用アンテナチューナの発売予定はあるか?」(回答:出す予定でいるが、IC-705本体と同時発売はできず少し遅れると思う)
●「専用マルチバッグは、IC-703のときのように、無線機本体を自分のお腹側に配置して、歩きながら運用できるように工夫して欲しい(要望)」
●「IC-705のSWRメーター機能で、アンテナアナライザー的な表示は出せないか」(回答:現状はSWR表示のみ。要望として承りたい)
●「もっと大きな容量のリチウムイオンバッテリーをオプションで出す予定はないか?」(回答:お客様からのそういう要望はかなりあると思っている。社内で検討中だが具体的な発売予定はまだない)

 

 

来場者には2020年のアイコムカレンダーがプレゼントされた

アイコム創業者で代表取締役会長の井上徳造氏(JA3FA、写真左)も来場した

 

 

 

●関連リンク:<希望小売価格は124,800円(税別)、発売は2020年3月下旬を予定>アイコム、ポータブル機「IC-705」発売を正式告知

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」