hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <オマーン国王>「カーブース・ビン・サイード」スルタン(A41AA)、2020年1月10日(79歳)サイレントキー

<オマーン国王>「カーブース・ビン・サイード」スルタン(A41AA)、2020年1月10日(79歳)サイレントキー

中東の絶対君主制国家「オマーン国」のスルタン、カーブース・ビン・サイード国王(A41AA)が、2020年1月10日に79歳の生涯を終え逝去したとARRLニュースが報じた。国王は1970年からスルタンとなり、首相、国防相、外相、財務相を兼任。18世紀から続くブーサイード家の第14代君主にあたる。

 

 

スルタン、カーブース・ビン・サイード国王(A41AA)(ウィキペディアから)

 

 

 ARRLニュースによると、スルタン、カーブース・ビン・サイード国王(A41AA)は、「ロイヤルオマーンアマチュア無線協会(ROARS/Royal Omani Amateur Radio Society)」と同クラブ局「Clubstation of Royal Omani Amateur Radio Society(A47RS)」の支援者であり、財政面でも援助を行っていた。

 

 オマーン王立裁判所は3日間の喪を宣言。40日間の半旗を掲げるとしている。(ARRLニュース1月14日 ※許可を受けて抄訳/(C)ARRL)

 

 なお、オマーン国はペルシャ湾など中東における海上交通の要衝にあり、海上自衛隊による中東派遣では、護衛艦の補給拠点になっている。

 

 

 

●関連リンク:
・Sultan of Oman Qaboos Bin Said, A41AA, SK(ARRL NEWS)
・ロイヤルオマーンアマチュア無線協会(ROARS/Royal Omani Amateur Radio Society)
・カーブース・ビン・サイード(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」