hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > 【追記:開催決定】<定員30名、募集締め切りは2月12日>JARD、3月2日から東京・巣鴨で「2アマ集合講習会」平日コースを開催!!


【追記:開催決定】<定員30名、募集締め切りは2月12日>JARD、3月2日から東京・巣鴨で「2アマ集合講習会」平日コースを開催!!

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、受講者が教室で授業を受ける“集合形式(教室形式)”の「2アマ養成課程講習会」を、東京都豊島区巣鴨のJARDハム教室で2020年3月2日(月)~6日(金)および9日(月)~11日(水)の平日8日間で開催することを正式に発表した。3アマ資格所持者を対象とした短縮コースで、法規17時間、無線工学29時間の授業を実施、最終日の3月11日に修了試験が行われる。

 

 

 

 

 集合形式によるJARDの第2級アマチュア無線技士養成課程講習会(3アマ対象の短縮コース)は、2018年1月に大阪で開催して以来(東京地区は2017年9月以来)の開催となる。JARDの発表内容から抜粋で紹介する。

 

★第2級アマチュア無線技士養成課程講習会
 平日コース集合講習会(東京) 2020年3月期募集案内(定員30名)

 

 JARDでは、集合形式での第二級アマチュア無線技士の養成課程講習会を、豊島区巣鴨(JARDハム教室)で開催します。今回は遠隔地からの参加等を考慮し、平日の連続した日程とし、また開催日数を8日間(従前は10日間)に圧縮して実施します。なお応募が15名に満たない場合は開催を中止いたします。

 

●講習期間:8日
 ※ただし修了試験に不合格となり、補習及び再修了試験を受ける場合は9日間となります。

 

●授業時間:46時間(法規17時間、無線工学29時間)

 

●日程:
 3月2日(月)開講・講義
 3月3日(火)講義
 3月4日(水)講義
 3月5日(木)講義
 3月6日(金)講義
 3月9日(月)講義
 3月10日(火)講義
 3月11日(水)補講及び修了試験
 3月12日(木)補習及び再修了試験

 

・講習の時間は、毎日9時~18時です。

 

・補講は最大3時間ですので、3時間を超えて欠席すると失格となります。

 

・具体的時間割は、受講内定後お知らせします。

 

●実施場所:
 JARDハム教室(170-0002 東京都豊島区巣鴨3-36-6共同計画ビル)

 

●受講料:
 70,950円(無線従事者免許申請手数料1,750円及び消費税を含む)
 ※18歳以下の方は、割引制度の特別措置がございますので、eラーニング事業センターまでお問い合せください。

 

・受講料は、別途当協会から受講内定と支払い案内をお送りしますので、その後に郵便局にて払い込みをして下さい。

 

・本講習会においてはクレジットカードによるお支払いは出来ませんので、悪しからずご了承願います。

 

・再修了試験を受験する場合は、再受験料5,100円が別途必要となります。

 

●募集期間:2020年1月28日(火)~2月12日(水)(必着)

 

●申し込み方法:
 申込書をダウンロードして、必要事項を記入の上JARDeラーニング事業センターまで郵送してください。また、メールに添付して次のアドレスへ送付することも可能です。申込書をご希望の方は、JARDeラーニング事業センターまでお問い合せください。

 

●申込書送付先:
 〒170-8088 東京都豊島区巣鴨3-36-6
 JARDeラーニング事業センター
 メール:e-ln@jard.or.jp

 

●定員:30名
 先着順で、定員になり次第募集を締め切ります。なお、応募が15名に満たない場合は、中止とします。地震等の天災地変が発生した場合には、講習会を中止することがあります。講習会を中止する場合は、eラーニング事業センターより連絡を差し上げます。

 

・応募者数が15名を超えた段階で、応募状況を踏まえ講習会の開催を決定します。

 

・募集期間内であっても、応募数が30名に達した時点で応募を締め切ります。

 

●受講者の条件:
・第3級(電信級)アマチュア無線技士の資格を有する方もしくは、JARDの第3級アマチュア無線技士の養成課程を修了した方。但し、電波法令に定める欠格事由のある方は、今回のお申込が出来ません。

 

・肢体不自由者など障害のある方は、事前にeラーニング事業センターまでお問い合せください。

 

●受講上の留意事項:
・養成課程を終了するためには、第2級アマチュア無線技士養成課程標準教科書を全て履修し、かつ修了試験に合格することが条件です。

 

・1回目の修了試験に不合格の場合は、補習のうえ再受験が可能です。修了試験を2回不合格になった場合は「不合格」となります再受験については、講習会開講後に詳細を案内いたします。

 

・補講時間を含め授業時間が46時間に満たない場合は、失格となります。

 

 

 詳細については下記関連リンク参照のこと。

 

 

<追記 2月6日>
 
JARDは2020年2月6日朝、「本日現在で最低の開催人数である15名を超えましたので、開催を決定しました。既にご応募いただいた皆さまには、別途、個別にご案内を差し上げます」と発表した。「今後は定員になり次第、募集を締め切りますので、まだ応募されていない皆さまは、この機会をお見逃しなく是非ご応募ください」と案内している。

 

 

 

●関連リンク:第2級アマチュア無線技士養成課程講習会 平日コース集合講習会/東京 2020年3月期募集案内(JARD)

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」