hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 無線グッズ > <定格出力900VA、並列運転も可能>カセットボンベを燃料とするヤマハのインバータ発電機「EF900iSGB2」新発売

<定格出力900VA、並列運転も可能>カセットボンベを燃料とするヤマハのインバータ発電機「EF900iSGB2」新発売

ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社は、手軽に扱えるカセットボンベを燃料とするインバータ発電機「EF900iSGB」の定格出力を900VAにアップし、2台並列運転を可能にするなどの新機能を織り込んだ「EF900iSGB2」を2020年4月1日に発売する。定格連続運転時間は約1時間。希望小売価格は143,000円(税別)。

 

 

ヤマハ発電機「EF900iSGB2」

 

 

 ヤマハモーターパワープロダクツのニュースリリースから抜粋で紹介する。

 

ヤマハインバータ発電機「EF900iSGB2」を発売
~カセットボンベ燃料の手軽さに利便性をさらに高める新機能を追加~

 

 ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社は、手軽に扱えるカセットボンベを燃料とするインバータ発電機「EF900iSGB」に新機能を織り込んだ「EF900iSGB2」を、2020年4月1日に発売します。販売は、ヤマハ発電機販売店やホームセンターなどで行います。

 

 近年、自然災害が多発していることから、非常用電源として小型ポータブル発電機が注目されています。中でも家庭用として、小型・軽量、簡単な操作と燃料補給、劣化の少ない燃料による長期保管が可能といった特長からカセットボンベタイプの需要が高まっており、特に家庭用電源と同等の良質な電気を供給できるインバータ方式を採用する「EF900iSGB」が人気を集めています。

 

 こうした状況から「EF900iSGB2」は、(1)既存モデルと同等の約1時間に及ぶ連続運転時間を維持しながら、定格出力を従来の850VAから900VAに向上、(2)別売り・オプションの並列運転ケーブルで2台の「EF900iSGB2」をつなぐ並列運転機能により最大1,800VAを供給可能とし、家庭などの非常用電源としての利便性を高めました。当社は「EF900iSGB2」の導入により、小型ポータブル発電機のさらなる拡販を目指します。

 

<EF900iSGB2主要仕様諸元>

 

・型式:7G31

 

・形式:多極回転界磁形

 

・電圧調整方式:インバータ式

 

・交流
 定格周波数:50Hz/60Hz(切替式)
 定格出力:0.9kVA
 定格電圧:100V
 定格電流:9.0A

 

・直流
 定格電圧:12V
 定格電流:8.3A

 

・燃料容量:500g(岩谷産業製 カセットボンベ2缶)
 ※カセットボンベは岩谷産業製(パワーゴールド、ジュニアを除く)指定

 

・定格連続運転時間:約1時間

 

・全長×全幅×全高:400mm×330mm×390mm

 

・乾燥重量:22kg

 

・騒音値レベル(dB/LwA 3/4負荷):91

 

 

ヤマハモーターパワープロダクツの発表資料より

 

 

●関連リンク:ヤマハインバータ発電機「EF900iSGB2」を発売(ヤマハモーターパワープロダクツ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」