hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <珍プリフィックスが多数聞こえる>日本時間3月28日(土)9時から48時間、「2020 CQ World-Wide WPX Contest SSB」を開催

<珍プリフィックスが多数聞こえる>日本時間3月28日(土)9時から48時間、「2020 CQ World-Wide WPX Contest SSB」を開催

日本時間の2020年3月28日(土)9時から48時間の日程で、US CQマガジン主催による世界的に有名なDXコンテスト「2020 CQ World-Wide WPX Contest SSB」が開催される。「異なるプリフィックス」がマルチプライヤーになることから、普段は聞かないようなプリフィックスを使う海外局が数多くオンエアーするため、コンテスターだけでなく、珍プリフィックスをハンティングする局も参加。開催中は各バンドが大いに賑わう、世界的に有名なDXコンテストの1つだ。

 

 

 

 US CQマガジン主催の世界的なDXコンテストである、「2020 CQ World-Wide WPX Contest SSB」が、日本時間の3月28日(土)9時から3月30日(月)8時59分までの48時間、80m、40m、20m、15m、10mの各バンドのSSBモードで開催される。

 

 このコンテストは最終得点が「QSO得点の合計」と、「異なるプリフィックスの和」の乗算により計算されるため、普段は聞くことのできないプリフィックスを使用してコンテストに参加する局も多い。珍プリフィックスの局は人気が高く、呼ばれる確率も増えて高得点につながるというメリットがあるためだ。

 

 交換するナンバーは「RS」+「001形式」となる。ログ提出締切日はコンテスト終了後5日以内となる4月5日(金)23時59分(UTC)、日本時間4月4日(土)8時59分まで。なお、コンテスト参加前に下記関連リンクから主催者のWebサイトにアクセスし、公式ルールを確認してほしい。

 

 

「2020 CQ World-Wide WPX Contest」の規約(一部抜粋)

 

 

 本コンテストは、海外の珍しいプリフィックス局が多数参戦することで知られる「CQ World-Wide WPX Contest」。本コンテストに合わせて運用を計画している局の情報が「NG3K Amateur Radio Contest/DX Pag」に載っているので参考にするといいだろう。

 

 

「CQ WPX SSB Announced Operations: 2020」。コンテストに合わせて運用を計画している局の情報が入手できる

 

 

 

●関連リンク:
・2020 CQ World-Wide WPX Contest SSB規約など(英文)
・2020 CQ World-Wide WPX Contest SSB規約など(日本語/PDF形式)
・CQ WPX SSB Announced Operations 2020(NG3K Amateur Radio Contest/DX Pag)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」