hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <オリンピック・パラリンピック記念企画の延期と南極観測隊の帰国報告>「Radio JARL.com」第66回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開

<オリンピック・パラリンピック記念企画の延期と南極観測隊の帰国報告>「Radio JARL.com」第66回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開

「JARLの話題や最新情報はもちろんのこと、アマチュア無線界の話題や情報などもお知らせする楽しい情報番組です」という、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)のラジオ番組、Radio JARL.com。パーソナリティはJARL会長の髙尾義則氏(JG1KTC)が務めている。2019年1月6日から毎週日曜日の21時~21時30分に茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送がスタートした。2019年8月18日からは毎週日曜日の23時から東京都西東京市の「FM西東京」でも放送されている。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは2020年4月5日(日)21時からの第66回放送。前半では機関誌「JARL NEWS」2020年春号(4月1日頃に会員宅へ郵送)に掲載されている「東京2020 JARL記念QSOパーティ」と「東京2020 JARL記念アワード」については、東京オリンピック・パラリンピックが1年延期されたことに伴い、一旦延期することを改めて告知した。また各エリアから運用する予定だったPR局も開設・運用を見合わせることになった。

 

 続いて、今年2月まで南極・昭和基地で観測業務などに従事していた「第60次南極地域観測隊」の越冬隊員がこのほど帰国したという話題。昭和基地のJARL局である8J1RLから運用を行った里中隊員(中国総合通信局から出向)が帰国報告のためJARLを訪問。期間中の交信局数はおよそ4,000局になった模様。里中隊員はJARL訪問時に昨年5月5日の「こどもの日」にJARL事務局に集まった子供たちと8J1RLが交信を行った際のQSLカードを持参、髙尾会長に託したという。

 

 なお東京都西東京市の「FM西東京」で行われている、この番組の放送時間が2020年4月から変更になり、従来よりも1時間遅い“毎週日曜日の23時から”に改められた。

 

 番組は下記関連リンクの「Radio JARL.com」の音源公開ページまたはJARL Webの特設ページから。聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後は一定時間が経過するとファイルが削除される可能性があるので、早めの聴取をお勧めする。

 

 

 

●関連リンク:
・Radio JARL.com 音源公開ページ(FMぱるるん)
・毎週放送 JARLのラジオ番組「Radio JARL.com」(JARL Web)
・Radio JARL.com番組案内ページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」