hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <4月20日(月)から4月30日(木)まで>西無線研究所、ポータブルCB機「NTS115」の第2回予約受付を実施

<4月20日(月)から4月30日(木)まで>西無線研究所、ポータブルCB機「NTS115」の第2回予約受付を実施

株式会社西無線研究所は、昨年の2019年8月28日(水)から9月7日(土)まで予約受付を行っていたポータブルタイプの多機能CB機「NTS115」の製造(100台強)と発送が完了することから、新たに2020年4月20日(月)から2回目の予約受付を開始した。募集期間は4月30日(木)の昼12時まで。価格は153,900円(本体139,000円+税10%+送料1,000円)で、オプションのダイナミックマイクも希望する場合は総額163,900円となる。同社では「締め切り後に予約数を確認し、場合によっては中止になることがあります」「初回製造の予備機として4台製造済みの製品があります。今回予約いただいた方に抽選でこれを先に納品します」と案内している。

 

 

ポータブルタイプの多機能CB機「NTS115」

 

 

 西無線研究所は、“フリラー(ライセンスフリー無線愛好者)”の間で好評の、胸ポケットに入るハンディタイプの27MHz帯CB機(市民ラジオ)「NTS111」に続き、同社初となるポータブルタイプの多機能CB機「NTS115」を開発し、昨年8月から9月にかけて予約募集を行い、このほど4月21日に注文者への最終納品を完了する運びとなった。

 

 

昨年予約募集を行った「NTS115」第1回受け付け分の発送作業の様子

 

 

 そこで今回、2020年4月20日(月)から2回目の予約受付が始まった。募集期間は4月30日(木)の昼12時までの11日間。「締め切り後に予約数を確認して、場合によっては中止になることがあります」「成立したら、5月30日までに予約金を全額振り込みいただきます」ということなので、予約する場合は案内や注意事項をしっかり確認しておこう。

 

 

NTS115予約募集ページより

 

 

 

●NTS115スペック概要

 

送受信チャンネル:送信8ch、受信11ch(ロータリースイッチで制御、7SEG LEDでチャンネル表示)
送信出力:500mW
変調方式:直列AM変調(コンデンサーマイクとダイナミックマイクの入力切り替え付き)
受信感度:約-2dBμ(-109dBm)/(S/N10dB、AM30%)
受信補助機能:ノイズブランカー、スケルチ/逆スケルチ、可変帯域幅(2~7kHz)、Sメーター(10LED)、RIT
電源:内蔵電池>単三形アルカリ乾電池または充電電池6個、外部電源>7~14V
消費電流:受信無信号時約100mA、送信時約500mA
アンテナ:1.9m12段の大型ロッドアンテナ/角度可変機構付き
ケース外形:42.2×160.4×220mm(突起部を除く本体ケース)
使用形態:横置き、横置きで三脚固定可、縦置きで三脚固定可、ショルダーベルト取付可
※横置きのときに電池カバーを展開すると倒れにくくなる。
(電池カバーの内側には内フタがあり、展開した時に電池は保護されます)
※付属のスピーカーマイクと内蔵スピーカー切替スイッチ付き(背面)
付属品:スピーカーマイクロホン(エレクトレットコンデンサ型)
オプション:ダイナミック型マイクロホン(DM1599A)別売9,091円(10,000円/税込み)
送受信周波数:1ch 26.968MHz、2ch 26.976MHz、3ch 27.040MHz、4ch 27.080MHz、5ch 27.088MHz、6ch 27.112MHz、7ch 27.120MHz、8ch 27.144MHz
受信専用:Ach 27.005MHz、Bch 27.524MHz、Cch 28.305MHz
※一部変更になる場合があります。
本体価格:139,000円(税、送料別)

 

オプションのダイナミックマイクに付属するマイクフックの取り付け例。カメラ用三脚に右はネジ1本で固定した運用スタイル

肩掛けベルト装着(ベルトは付属していない)

 

 

●関連リンク:
・27MHz CBトランシーバー NTS115予約(西無線研究所)
・株式会社西無線研究所
・Twitter 西無線研究所(@nishimusen)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」