hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <連休中のアマチュア無線活動と南極局8J1RLの運用状況>「Radio JARL.com」第71回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開

<連休中のアマチュア無線活動と南極局8J1RLの運用状況>「Radio JARL.com」第71回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開

「JARLの話題や最新情報はもちろんのこと、アマチュア無線界の話題や情報などもお知らせする楽しい情報番組です」という、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)のラジオ番組、Radio JARL.com。パーソナリティはJARL会長の髙尾義則氏(JG1KTC)が務めている。2019年1月6日から毎週日曜日の21時~21時30分に茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送がスタートした。2019年8月18日からは毎週日曜日の23時から東京都西東京市の「FM西東京」でも放送されている。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは2020年5月10日(日)21時からの第71回放送。前半ではリスナーからの情報を交えながら、ゴールデンウィーク中に行われたコンテスト(JARL地方本部主催など)や運用の振り返りを行った。髙尾JARL会長によると、今年は自宅でアマチュア無線運用を楽しんだ人が多かったためか、JARLのQSLビューローには例年の1.5倍近い転送用カードが届いているという。

 

 後半では毎年5月5日に南極・昭和基地のJARL局「8J1RL」が日本の青少年向けに行う「こどもの日特別運用」が中止になった。しかし8J1RLの運用自体はアクティブで、第61次南極観測隊に引き継がれてからFT8とCWを中心に2,500局を超える交信を行ったという。第61次越冬隊員(29名+報道関係者1名)のうち11名(うち女性2名)がアマチュア無線技士の資格を持っている。今年はアマチュア無線用のアンテナもタワー2基に増設され、今後はSSBモードでの運用も増やしていきたいという情報があった。
 なお8J1RLと子供たちの交信は今年10月31日~11月1日の「ハムフェア2020」開催に合わせて実現できれば…という話も髙尾会長からあった。

 

 番組は下記関連リンクの「Radio JARL.com」の音源公開ページまたはJARL Webの特設ページから。聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後は一定時間が経過するとファイルが削除される可能性があるので、早めの聴取をお勧めする。

 

 

 

●関連リンク:
・Radio JARL.com 音源公開ページ(FMぱるるん)
・毎週放送 JARLのラジオ番組「Radio JARL.com」(JARL Web)
・Radio JARL.com番組案内ページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」