hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <技適番号の再取得で1.8MHz帯SSB/AM/RTTYにも対応>アイコムが「IC-705の量産体制が整った」ことを告知、予約者の手元へは6月中旬以降か

<技適番号の再取得で1.8MHz帯SSB/AM/RTTYにも対応>アイコムが「IC-705の量産体制が整った」ことを告知、予約者の手元へは6月中旬以降か

アイコム株式会社は2020年5月15日、HF~430MHz帯をDV(D-STARのデジタルボイス)を含むオールモードでカバーするポータブル機「IC-705」の量産体制が整い、無線ショップ向けに店頭展示用モデル(非売品)の発送を順次開始すると発表した。合わせて「すでにご予約をいただいていますお客様向けには、6月中旬以降のお届けとなりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます」としている。また4月21日の法改正によって、1.8/1.9MHz帯でJ3E(SSB)などの電波型式が許可されるようになったことから、同社はIC-705の技術基準適合証明(工事設計認証)を再取得した。新技適番号「002-200001」を記載し免許申請(変更申請)を行えば1.9/1.8MHz帯でCW/SSB/AM/RTTYモードでの運用が可能になる一方、今年3月に公表されていた旧技適番号で申請を済ませていた購入予定者は、技適番号の変更手続き(送信機の取替申請)が必要になった。

 

<追記>5月15日、IC-705の製品情報ページが公開され、PDF版の取扱説明書もダウンロードが可能になった。またオプションとして大容量のリチウムイオンバッテリーパック(BP-307:3350mAh)と、専用の外部アンテナチューナー(型番不明)が近日発売予定であることが明らかになった。

 

 

昨年12月のプレ視聴会で展示されたIC-705

 

 

 一度は2020年3月下旬の発売開始をアナウンスしたものの、その後の新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部パーツの入荷が遅れ、予定通りの出荷開始が困難になっていたIC-705について、アイコムは5月15日に2つの重要な告知を行った。

 

 1つは新型コロナウイルス感染拡大によるパーツ入荷の遅延と技術基準適合証明番号(工事設計認証番号)の再取得のため生産を見合わせていたIC-705が、このほど量産体制が整い、無線ショップ向けに店頭展示用モデル(非売品)の発送を順次開始したという告知だ。

 

 しかし無線ショップでの予約者などに販売するためのIC-705は鋭意生産を行っている状況だ。同社は告知の中で「すでにご予約をいただいていますお客様向けには、6月中旬以降のお届けとなりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます」と案内している。

 

5月15日に出されたIC-705に関する告知その1「アイコムIC-705 お届け遅延のお詫びとお知らせ」

 

 もう1つの重要な告知は、IC-705の技適番号(工事設計認証番号)が変更になり、今年3月に発表されていた旧技適番号ですでに免許申請/変更申請を行っていた購入予定者は、技適番号の変更手続き(送信機の取替申請)を行う必要が生じたというものだ。

 

 これは、今年4月21日の法改正で1.8/1.9MHz帯でJ3E(SSBモード)などの電波型式が許可されるようになったことから、同社がIC-705の技術基準適合証明(工事設計認証)を再申請したことによるもの。新しい技適番号(認証番号)である「002-200001」を記載し免許申請/変更申請を行えば、1.9/1.8MHz帯において、CWだけでなくSSB/AM/RTTYモードでの運用も可能になる。

 

 一方で、旧技適番号(認証番号)「002-190006」を記載して早々と免許申請/変更申請を済ませていた購入予定者は、新番号「002-200001」での変更手続き(送信機の取替申請)が必要になってしまった(※実際にユーザーへ出荷されるIC-705は新番号なので、1.8/1.9MHz帯のSSB運用を行うか否かにかかわらず、旧番号の申請のままで使うことはできない)。

 

 同社は「発売を心待ちに準備を進められていたお客様に大きなご負担をお掛けすることになり、重ねてお詫び申し上げます。状況ご賢察のうえ、よろしくご対応いただきますようお願いいたします」としている。

 

 

5月15日に出されたIC-705に関する告知その2「IC-705の技適番号変更にともなう変更手続きのお願い」

 

 

 hamlife.jpには販売店筋から、「早ければ今週末にIC-705の店頭展示がスタートできるかもしれない」という情報も寄せられた。ただし新型コロナウイルスにより、営業休止や短縮営業中のショップもあることや、外出自粛要請が続いている地域も存在するため、訪問前に最新状況の確認をお勧めする。

 

IC-705のPDF版 取扱説明書も公開された

IC-705のPDF版取扱説明書から定格部分の一部を抜粋

 

 

 

こちらの記事も参照↓

<新型コロナウイルス問題で一部パーツの入荷予定が立たず…>アイコム、「IC-705お届け遅延のお詫びとお知らせ」を掲載

 

 

<IC-705やFTM-300Dシリーズも掲載>JARD、「最新(2019年度)工事設計認証機種」項目を更新

 

 

<先着1,000名に「IC-705オリジナル缶入り煎餅」プレゼント>アイコム、新製品「IC-705」の予約キャンペーンを実施!!

 

 

【写真速報】12月21日、大阪・日本橋で開催「IC-705プレ視聴会」の模様

 

 

<希望小売価格は124,800円(税別)、発売は2020年3月下旬を予定>アイコム、ポータブル機「IC-705」発売を正式告知

 

 

 

●関連リンク:
・「アイコムIC-705」お届け遅延のお詫びとお知らせ(アイコム)
・IC-705の技適番号変更にともなう変更手続きのお願い(アイコム)
・製品情報 IC-705(アイコム)
・IC-705取扱説明書 PDF(アイコム)
・最新の工事設計認証機種情報(JARD 5月15日発表)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」