hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 新型コロナで主要パーツの調達困難が理由の機種も…。相次いでアマチュア無線機が生産終了--5月17日(日)~5月23日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

新型コロナで主要パーツの調達困難が理由の機種も…。相次いでアマチュア無線機が生産終了--5月17日(日)~5月23日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキングで1位となったのは、「<CQオームが告知、5月1日以降すでに6モデル>相次ぐアマチュア無線機の『生産終了』」。全国通販を手がける岐阜県岐阜市の無線ショップ「CQオーム」によると、2020年5月1日以降で八重洲無線のモービル機「FT-7900」「FT-8900」とオールモード機の「FT-450シリーズ」「FT-857シリーズ」、アルインコの受信機「DX-R8」、アイコムのD-STARハンディ機「ID-51 PLUS2」の6モデルが相次いで生産終了(またはまもなく生産終了)になったという。今回生産終了となった機種の一部は、新型コロナウィルス感染症の影響で主要パーツが調達困難になったことが理由の1つだとしている。またCQオームは5月23日、上記6機種に加えて八重洲無線の八重洲無線のバイクにも使えるモービル機「FTM10S」「FTM10SJMK」もまもなくの生産終了が決定したと公表した。

 

 


CQオームによると、生産終了対象の6機種は「FT-7900」「FT-8900」「FT-450シリーズ」「FT-857シリーズ」「DX-R8」「ID-51 PLUS2」。さらに「FTM-10S/FTM-10SJMK」の生産終了が決定

 

 

 

 続く2位は、アイコム株式会社が2020年5月15日にHF~430MHz帯をオールモードでカバーするポータブル機「IC-705」の量産体制が整ったとして、無線ショップ向けに店頭展示用モデル(非売品)の発送を順次開始すると発表した記事。合わせて「すでにご予約をいただいていますお客様向けには、6月中旬以降のお届けとなりますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます」としている。また4月21日の法改正によって、1.8/1.9MHz帯でJ3E(SSB)などの電波型式が許可されるようになったことから、同社はIC-705の技術基準適合証明(工事設計認証)を再取得したと案内している。なお、今年3月に公表されていた旧技適番号で早々と無線局申請を済ませていた購入予定者は、技適番号の変更手続き(送信機の取替申請)が必要となる。

 

 

昨年12月のプレ視聴会で展示されたIC-705

 

 

 3位は、総務省が周波数の再編を円滑かつ着実に実施するため、「周波数再編アクションプラン(令和2年度改定版)(案)」を作成し、2020年3月12日から4月10日まで、広く意見募集を行った結果について、提出された意見およびそれに対する総務省の考え方を公表するとともに、改めて「周波数再編アクションプラン(令和2年度改定版)」を策定したことを2020年5月13日に公表しというニュース。公表された「『周波数再編アクションプラン(令和2年度改定版)(案)』に対して提出された御意見及びそれに対する総務省の考え方」には、60件の意見提出(個人15件、法人等45件)があり、それぞれの意見に対して文字通り総務省の考え方が記されているが、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)や一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)からの意見提出は今回見られなかった。

 

 


提出されたそれぞれの意見に対し、文字通り総務省の考え方が記されている

 

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<CQオームが告知、5月1日以降すでに6モデル>相次ぐアマチュア無線機の「生産終了」

 

2)<技適番号の再取得で1.8MHz帯SSB/AM/RTTYにも対応>アイコムが「IC-705の量産体制が整った」ことを告知、予約者の手元へは6月中旬以降か

 

3)<JARL、JARDからの意見提出は見当たらず>総務省、「周波数再編アクションプラン(令和2年度改定版)」と意見募集に対する考え方を公表

 

4)<毎月1,000局以上の減少続く>総務省が2020年3月末のアマチュア局数を公表、前月より1,211局少ない39万8,684局

 

5)<1アマの「黄色」が大人気!!>JARLの会員向けサービス「資格別門標板」の頒布方法を紹介

 

6)<女性ドライバーを電波法違反容疑で摘発>関東総合通信局、神奈川県足柄上郡山北町・国道246号線において免許を受けず不法にアマチュア無線機を設置

 

7)<特集「目指せ! 究極の無線ルーム」>電波社、「HAM world(ハムワールド)」2020年7月号を5月19日(火)に刊行

 

8)<6LDK“趣味を楽しむ邸宅”と紹介>北海道小樽市、アマチュア無線用自立タワーがそびえ立つ中古物件が980万円で販売中

 

9)<特別付録「ラジオ局別 女性パーソナリティ名鑑」(カラー64ページ)付き>三才ブックス、「ラジオ番組表2020春号」を5月22日に刊行

 

10)<電波監視で発覚!>関東総合通信局、許可されていない無線設備を使い指定されていない周波数と空中線電力で通信を行ったハムに59日間の行政処分

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」