hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <秋の「ハムフェア2020」開催と出展者応募状況について>「Radio JARL.com」第76回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開

<秋の「ハムフェア2020」開催と出展者応募状況について>「Radio JARL.com」第76回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開

「JARLの話題や最新情報はもちろんのこと、アマチュア無線界の話題や情報などもお知らせする楽しい情報番組です」という、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)のラジオ番組、Radio JARL.com。パーソナリティはJARL会長の髙尾義則氏(JG1KTC)が務めている。2019年1月6日から毎週日曜日の21時~21時30分に茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送がスタートした。2019年8月18日からは毎週日曜日の23時から東京都西東京市の「FM西東京」でも放送されている。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは2020年6月14日(日)21時からの第76回放送。前半は新型コロナウイルスに加えて熱中症にも注意が必要だという話題から、この時期の外出に欠かせないものを紹介した。

 

 後半では今年10月31日と11月1日に開催される「ハムフェア2020」の出展団体申し込みの締め切りを6月30日(火)まで延長したという案内。昨年は222団体から出展申し込みがあったが、今年は6月12日現在で前年比約75%にあたる170団体から申し込みが届いている。カテゴリー別ではクラブ純粋展示が昨年の9割、一般展示は同7割程度、ビジネス系は同6割程度の申し込み状況だという。なおハムフェアの「自作品コンテスト」は予定通り6月30日に締め切られる。

 

 髙尾会長によると、JARLには今年のハムフェア開催についてさまざまな意見(3密を避ける対策が取れるのか、高齢者が多く集まるイベントなので中止してはどうか…等)が寄せられているという。JARLではそうした意見を集約し7月に開催する「ハムフェア実行委員会」で検討、夏までには開催可否の最終判断を行う予定であることを明らかにした。

 

 なお6月12日に締め切られた今年度の「雷事故補償保険」は昨年の約3割増(昨年度は約400名が加入)、新たに熱中症も補償対象に加わった「傷害補償保険」は昨年の約2~3割増の申し込みがあったという報告も行われた。

 

 番組は下記関連リンクの「Radio JARL.com」の音源公開ページまたはJARL Webの特設ページから。聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後は一定時間が経過するとファイルが削除される可能性があるので、早めの聴取をお勧めする。

 

 

 

●関連リンク:
・Radio JARL.com 音源公開ページ(FMぱるるん)
・毎週放送 JARLのラジオ番組「Radio JARL.com」(JARL Web)
・Radio JARL.com番組案内ページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」