hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アマ無線のラジオ番組 > <謎の真空管の正体は?>アマチュア無線番組「QSY」、第91回放送をポッドキャストで公開

<謎の真空管の正体は?>アマチュア無線番組「QSY」、第91回放送をポッドキャストで公開

神奈川県横須賀市にあるコミュニティFM放送局「FMブルー湘南(横須賀エフエム放送株式会社、JOZZ3AD-FM、空中線電力20Wほか)」では、2017年4月からアマチュア無線家向けの番組「QSY」をオンエアーしている。放送は毎週金曜日の22時から30分間だが、新たな内容の番組は第1・3・5金曜日に流され、第2・第4金曜日は前週の再放送という形式だ(2017年7月から)。放送音声は後日ポッドキャストとしてWebサイトで公開されている。

 

 

 

 2020年6月19日の第91回放送からレギュラー出演者の1人であるJI1KGQ 奈良氏(高校3年生)が大学受験のため番組収録を離れることになり、当面2人で進めていくことになった。

 

 番組前半はJK1BAN 田中氏の「大好き航空無線」。航空自衛隊のブルーインパルスが東京上空を飛行した際、田中氏は西東京市の自宅でその通信をワッチしたという話。ユピテルのハンディ型受信機(MVT-9000)にロッドアンテナをつけて入間TWRのUHF波(322.200MHz)を受信したという。しかし東京都心上空を2周した際の周波数(東京TCAのUHF波、256.100MHz)はワッチできなかったようだ。

 

 番組後半はJH1OSB 小濱氏の「無線は自作でより楽しくなる」。小濱氏が昔の真空管アンプのキット(海外製)を持参。予備用に保管していた真空管(GROOVE TUBES製のGT-KT88SVほか)の正体を推測して盛り上がった。

 

 番組の聴取は下記関連リンクから。Web上またはダウンロード(MP3形式)で利用できる。

 

 

 

●関連リンク:
・QSY 第91回放送
・QSY 番組案内ページ
・Twitter @QSY785
・QSY Facebookページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」