hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <Masaco(JH1CBX)が各ショップ店舗に登場し大好評>アイコムが大阪・日本橋で開催した「ID-52 店頭予約受付キャンペーン」と実動展示の模様

<Masaco(JH1CBX)が各ショップ店舗に登場し大好評>アイコムが大阪・日本橋で開催した「ID-52 店頭予約受付キャンペーン」と実動展示の模様

アイコム株式会社は、新製品の144/430MHz帯D-STAR対応ハンディ機「ID-52」の予約促進のため、2020年10月4日(日)に大阪・日本橋のハムショップ6店舗(デジハムサポート、日本橋ハム、中野無線、日栄ムセン 日本橋店、大阪無線、ウエダ無線)でシンガーソングライターのMasaco(JH1CBX)が参加する「ID-52 店頭予約受付キャンペーン」を行い、併せて日本橋のアマチュア無線スペース「ギガラボ(GIGALAB)」でID-52の実動展示を実施した(9月25日の案内記事参照)。その模様を関係者提供の写真で紹介しよう。

 

 

 

会場となった店舗の1つ、デジハムサポートの店頭に立つ、シンガーソングライターのMasaco(JH1CBX)

 

 

 アイコムのD-STAR対応ハンディ機「ID-52」は9月末にごく少数の出荷が初めて行われたが、本格的な出荷は10月からという状況のようだ。同社はID-52のPRとさらなる予約促進のため、10月4日に大阪・日本橋のハムショップ6店舗で「ID-52 店頭予約受付キャンペーン」を実施。当日、対象店でID-52を予約するとアイコム特製キャップ(帽子)とシンガーソングライター Masaco(JH1CBX)の特製ポストカードがプレゼントされたほか、時間帯を区切ってMasacoが各ショップの店頭に登場。さらにギガラボでは10~18時の間、ID-52の実動展示と講演が行われた。

 

ギガラボの実動展示風景(開場前に撮影)

ギガラボの実動展示風景(開場前に撮影)

 

 各ショップは、Masacoの到着を待つアマチュア無線家で賑わい、予約手続きを済ませるとMasacoから直接キャップを受け取っていた。中には記念のツーショット写真に収まり、「ID-52が納品されたら、これを待ち受け画面にします」という人もいたようだ。またギガラボでの実動展示も好評で、同社スタッフの説明を受けながらID-52の大型カラー液晶ディスプレイや各機能の操作感を確かめる人が相次いだという。

 

デジハムサポートで予約者に特製キャップを手渡し

日本橋ハムにて

中野無線にて

日栄ムセン 日本橋店にて

大阪無線にて

ウエダ無線にて

 

 

 

●関連リンク:
・ID-52店頭予約受付キャンペーン(アイコム ニュースリリース)
・ID-52 製品情報(アイコム)
・Masaco(JH1CBX) Facebookページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)