hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <最悪の場合、このまま生産終了になる機種も?>JVCケンウッド、旭化成の工場火災で「無線機のほぼ全機種の製品供給に影響」と発表

<最悪の場合、このまま生産終了になる機種も?>JVCケンウッド、旭化成の工場火災で「無線機のほぼ全機種の製品供給に影響」と発表

2020年10月20日、通信・音響機器用の半導体やセンサーなどを生産する旭化成エレクトロニクス株式会社(兼 旭化成マイクロシステム株式会社)の宮崎県延岡市にある半導体製造工場の1つ(主な製造部品はアナログ・デジタル混載LSI)で火災が発生、半導体生産ラインなどが被害を受け、復旧に少なくとも数か月かかるという状況が伝えられている。このため同社が部品を供給していた電子機器や自動車メーカーで製品生産に影響が出始めている。株式会社JVCケンウッドの国内無線システム営業部は11月25日、取引先の無線ショップに「弊社製品に使用している基幹部品調達に影響が発生し、製品の生産に大きく影響が出る見通しとなりました」とする告知を行った。

 

 

※12月24日、JVCケンウッドは「TH-D74」の生産完了を発表! この記事↓を参照

<その他のアマチュア機は従来通り生産継続を予定>JVCケンウッド、D-STAR対応のハンディ機「TH-D74」の生産完了を公式サイトで発表

 

 

JVCケンウッド 国内無線システム営業部が出した告知

 

 

 JVCケンウッドの国内無線システム営業部が取引先の無線ショップに出した告知を掲載する。

 


 

旭化成マイクロシステム(株)工場火災に伴う生産影響について(第一報)

 

 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 さて、10月20日に発生致しました「旭化成マイクロシステム(株)延岡事業所」の工場火災により、弊社製品に使用している基幹部品調達に影響が発生し、製品の生産に大きく影響が出る見通しとなりました。現在対象部品の在庫並びに調達可能数を調査中ですが、特定小電力トランシーバー、アマチュア無線機、業務用無線機のほぼ全機種の製品供給に影響が発生する見込みです(アクセサリー類の供給は問題ございません)。

 

 今後の製品供給状況についてはわかり次第ご案内させていただきます。
 お取引先様ならびにお客様には、大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、事情ご高察の上、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 


 

 この告知を掲載したCQオームは、Facebookページで「小電力トランシーバー、アマチュア無線機、業務用無線機のほぼ全機種の製品供給に問題発生とのこと。 追記 旭化成工場火災については、皆様ご心配かと思いますが、現在、メーカーへの直接のお問い合わせはできるだけ控えていただけるよう、ご配慮お願いいたします」と案内している。

 

 

CQオームのFacebookページより(11月25日15:11に第一報を掲載後、翌26日夕方に内容を修正した上で追記が行われた)

 

 

 旭化成の工場火災による影響は、今後さらに広がっていく可能性もある。無線機器メーカーや販売店の告知には注意を払っておく必要があるだろう。

 

旭化成エレクトロニクス株式会社の製品情報より。オーディオIC、各種センサー、通信用ICなど生産品目は多岐にわたっている。TCXO用制御ICも同社のシェアが高いという

 

 

【追記11月26日13時20分】 現在、JVCケンウッドには本件に関する問い合わせが殺到している状態という。そのため「電話による問い合わせはしばらく控えてほしい」とのこと。同社ホームページでの公式発表があれば、本記事内で改めて紹介する。

 

【追記11月27日18時30分】
JVCケンウッドから「個別機種に関する情報は弊社としてアナウンスはしておらず」とする修正依頼がありましたので、検討の上、記事内容の一部を改めました。

 

【追記12月8日20時30分】
JVCケンウッドは12月1日、「取引先の火災による影響について」というプレスリリースを掲載し「一部部品の調達が滞ることで、今後の当社オートモーティブ分野、パブリックサービス分野における生産の一部に遅延が発生することが予想されます。影響については現在精査中ですが、現時点で当社の今期業績に与える影響は軽微です」としている。

 

 

 

●関連リンク:
・旭化成工場火災についてケンウッドから正式連絡あり!(CQオーム Facebookページ)
・取引先の火災による影響について(JVCケンウッド 12月1日)
・旭化成の半導体工場火災 復旧に数カ月(日本経済新聞)
・旭化成の半導体工場火災、スマホ供給網に影響 水晶デバイス向け制御ICやホールICを生産(LIMO)
・延岡のAKM工場火災の影響で世界中のオーディオインターフェイスが枯渇する可能性(DTMステーション)
・半導体製造工場の火災について 状況のご報告(旭化成エレクトロニクス)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」