hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <Bluetooth設定メニューに “AUDIO” を追加ほか>八重洲無線、FTM-300Dシリーズの新ファームウェアを公開

<Bluetooth設定メニューに “AUDIO” を追加ほか>八重洲無線、FTM-300Dシリーズの新ファームウェアを公開

八重洲無線株式会社は2020年12月9日、144/430MHz帯モービル機「FTM-300Dシリーズ(FTM-300D/FTM-300DS)」の新ファームウェア(MAIN:Ver.1.20)をリリースした。今回は「ブルートゥース(Bluetooth)設定メニューに “AUDIO” を追加しブルートゥース接続時のオーディオ出力先を選択できるようにしました」「その他、機能改善および最適化を行いました」の2件となっている。

 

 

 

 FTM-300Dシリーズの新ファームがリリースされるのは2020年7月16日(MAIN:Ver.1.10およびDSP:Ver.7.11)以来となる。今回のアップデートでMainがVer.1.20になったが、SUB(Ver.1.10)やDSP(Ver.7.11)には変更がない。おもな変更点は下記の通り。

 

★FTM-300Dシリーズの新ファームウェア

 

・ファームウェアバージョン (2020/12)
 MAIN : Ver.1.20
 SUB : Ver.1.10
 DSP : Ver.7.11

 

・おもな変更点

 

(1)ブルートゥース設定メニューに “AUDIO” を追加し、ブルートゥース接続時のオーディオ出力先を選択できるようにしました。
【Option / Bluetooth設定メニュー/AUDIO 】
 “AUTO” 選択時 :ブルートゥースヘッドセットからの出力
 “FIX” 選択時 :ブルートゥースヘッドセットと本体スピーカー両方からの出力

 

(2)その他、機能改善および最適化を行いました。

 

 

 なお、アップデートには市販のUSBケーブルが必要となる。MAIN用、DSP用それぞれのアップデートマニュアルも公開されているので、事前に手順を確認のこと。ダウンロードは下記関連リンクより。

 

 

 

●関連リンク:FTM-300Dシリーズ 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」