hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 無線グッズ > <フィールド運用中のシーンもあり!>シンガーソングライターのMasaco(JH1CBX)が「2021年 オリジナル卓上カレンダー」を販売中

<フィールド運用中のシーンもあり!>シンガーソングライターのMasaco(JH1CBX)が「2021年 オリジナル卓上カレンダー」を販売中

第三級アマチュア無線技士の資格を持ち、「JH1CBX」のコールサインでハムの世界でも活躍中のシンガーソングライター・Masacoが、このほど「2021年 Masaco卓上カレンダー」を制作し、自身のオンラインショップサイトで販売を開始した。2021年1月~12月まで月替わりの12枚にポストカードとして使える2枚が加わった全17枚の仕様で、カレンダーホルダーとして使える透明プラケースに納められている。税込価格は1,000円(送料別)。

 

 

「2021年 Masaco卓上カレンダー」。カレンダーホルダーとして使える透明プラケースに納められている

 

 

 Masacoは兵庫県出身。代表曲「ひたみち」「子午線のみち」などで知られるほか、IBS茨城放送やラジオNIKKEIでレギュラー番組のパーソナリティーを務めるなど多彩な活動を行ってきた。2016年は兵庫県の「TAMEIKE Project」保全活動活性化のイメージソングとして、作詞&歌唱を手がけた「ふるさとの宝」が抜擢。また2018年8月に発売されたCD「晴れおんな」も好評で、現在は最新アルバムを制作中という。

 

 アマチュア無線家としても知られるMasacoは、「月刊FBニュース」で全国のアマチュア無線家やクラブを訪問する連載「Masacoの“むせんのせかい”アイボールの旅」などを担当。毎年各地の無線イベントにゲスト出演しているほか、2019年1月から一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)のPRを担う“JARL広報大使”も務めている。

 

 そのMasacoがこのほど、自身のオンラインショップサイト「Masaco通販♪」を立ち上げ、シングルやミニアルバムのCDを直販するほか、目玉商品としてオリジナルの「2021年 Masaco卓上カレンダー」の販売を始めた。

 

 この卓上カレンダーはハガキ大のカラー印刷。2021年1月から12月まで月替わりでMasacoのポートレートが楽しめ、スケジュールの記入スペースも設けられている。8月と10月はハンディ機などを使ったフィールド運用中のシーンになっている。

 

2021年1月~12月まで月替わりの12枚にポストカードとして使える2枚が加わった17枚組み

フィールド運用中のシーンもある

 

 Masacoは「いつも、私は誰かの笑顔の力で、一歩進むことができてます! なので私も皆様へ、笑顔満開のカレンダー! デザイナーさんとセレクトしました。プライベートオフショットから、CQ!CQ!CQ!の写真まで。よかったらぜひ! オンラインストアからお買い求めいただけたら嬉しいです(サインご希望の方は必ず備考欄にお書き添えくださいませ)」とコメントしている。

 

 新しい年を迎えるにあたり、Masacoの卓上カレンダーでシャックに彩りを加えてみてはいかがだろうか。価格は税込み1,000円、送料は別途200円かかるが「5,000円以上で送料無料になるので、よかったらCDも一緒にいかがでしょうか~♪」と呼び掛けている。

 

「2021年の1年間、あなたのシャックにMasacoの笑顔を!」とPR

 

 

 

●関連リンク:
・2021年 Masaco 卓上カレンダー(Masaco通販♪)
・Masaco通販♪
・Masaco公式サイト
・Masaco Facebookページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)