hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <新型コロナウイルスの拡大が収まらず>5月21~23日開催予定、米国「デイトンハムベンション2021」中止決定

<新型コロナウイルスの拡大が収まらず>5月21~23日開催予定、米国「デイトンハムベンション2021」中止決定

2021年5月21日(金)から23日(日)に米国オハイオ州で予定されていた世界最大規模のアマチュア無線イベント「デイトンハムベンション2021(Dayton Hamvention2021)」の開催中止が1月11日に決定した。新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大が続く中、世界的なワクチン配布の遅れや、より伝染性の高い変異種の発生などにより、今後数か月間でさらに公衆衛生上の問題が発生する可能性が高まったことを理由としている。ARRL NEWSの抄訳で紹介する。

 

 

「ハムベンション2021」中止についての公式声明

 

 

 デイトンハムベンションは2年連続で開催中止が決定した。「残念ながら、COVID-19ウイルスの大流行からの回復が何度か挫折したため、ハムベンション2021を中止するという難しい決断を迫られています」と、1月11日にハムベンション実行委員会が発表した。デイトンアマチュア無線協会(DARA)が主催するハムベンションは、5月21日から23日までオハイオ州のゼニアで開催される予定だった。

 

「数百人のボランティアが、多くのアマチュア無線愛好家や出展企業のために、ハムベンションを実行するために必要なすべてのことをしてきました。しかし、米国と世界の両方でワクチンの配布が計画より遅れています。さらにより感染性が高いCOVID-19ウイルスの変異種が出現したことで、今後数か月の間にさらなる公衆衛生上の問題が発生する可能性が高まっています。私たちは来場者と出展企業の安全のため、難しい決断を下します。昨年延期されたチケットを持っていた人たちは、再び延期されることになります」

 

 同実行委員会は「ハムベンションは2022年に戻ってくるだろう」と述べ、ハムベンション2021の開催を予定していた週末にQSOパーティーを行うことを表明した。昨年11月には、2021年のハムベンションのテーマが “The Gathering”であることを発表していた。(ARRLニュース1月11日 ※許可を受けて抄訳/(C)ARRL)

 

 

一昨年開催された「ハムベンション2019」の様子

 

 

↓この記事もチェック!

【米国ハムベンション2019】<速報>主要メーカーのブースと会場の雰囲気

 

<300枚以上、写真リポート第1弾!>広くて1日でくまなく見てまわるのは無理、5月16日(金)から3日間にわたり米国「ハムベンション2019」開催

 

<300枚以上、写真リポート第2弾!>メーカー&クラブ展示のほか、日本では珍しい多彩な無線周辺グッズを探索「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第3弾!>全米から販売店も多数出店、各所でポッドキャストの収録風景も…「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第4弾!>さすがアメリカ、高出力リニアや高出力対応のオートアンテナチューナーetc.「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第5弾!>頭にタワー&アンテナ、会場で超目立っていたド派手な人気者を発見「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第6弾!>地元クラブの無線カーやまるごとシャックと化したトレーラーハウスなど大型車両がずら~り「ハムベンション2019」

 

 

 

●関連リンク:
・Dayton Hamvention Cancels 2021 Show(ARRL NEWS)
・2021 HAMVENTION CANCELLELATION(Hamvention2021公式サイトの声明)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)