hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JAIA > <JARL東京都支部大会を同時開催、YouTube生配信も予定>「第2回ハムらde無線フェア」4月18日(日)に東京都羽村市で開催

<JARL東京都支部大会を同時開催、YouTube生配信も予定>「第2回ハムらde無線フェア」4月18日(日)に東京都羽村市で開催

ライセンスフリー無線やドローン空撮を楽しむ人たち、ラジコン愛好者とアマチュア無線家が一緒になって“電波で遊びと学び”のジャンル別セミナーや各種展示が楽しめるというコンセプトで2019年に初開催された「ハムらde無線フェア」。昨年は新型コロナウィルス感染拡大のため開催できなかったが、いよいよ2021年4月18日(日)に東京都羽村市の羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」で第2回が実施される運びとなった。来場時にはマスク着用の上、参加確認書の提出が必須で検温と手指消毒も行われる。

 

 

 

 

2019年の開催リポートはこちら↓
【写真で見る】<初お披露目の参考出品も登場>ジャンルを超えた楽し~い無線イベント!! 6月9日開催「ハムらde無線フェア」の模様

 

 

「ハムらde無線フェア」は、同フェア実行委員会などが主催し、JARL東京都支部の共催、地元の羽村市とJARD、JAIAが後援。八重洲無線、CQ出版社、電波社、CQマート、ハムショップフレンズなどの協賛で開催される無線イベント。アマチュア無線だけでなく、ライセンスフリー無線やドローン、ラジコンなどの展示や企画も行われ、少年からシニア世代まで楽しめる内容になっていることが特徴だ。第1回は2019年6月9日に開催され、あいにくの雨天だったが300名を超える来場者で賑わった。

 

2019年開催の「ハムらde無線フェア」関係者による集合写真(開幕セレモニーにて)

2019年の会場風景

 

 

 2021年の会場は前回よりも広い「羽村市生涯学習センター ゆとろぎ」に移り、以下のように開催される見込みだ。

 

「第2回ハムらde無線フェア」案内

 

◆日時:2021年4月18日(日) 受付開始09:15、展示10:00~15:00

 

◆場所:羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」
 (東京都羽村市緑ヶ丘1-11-5)http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000002093.html
 JR青梅線「羽村」駅東口から約800m、徒歩約11分
 ※JR東京駅から羽村駅まで、中央線「立川」駅乗り換えで約1時間20分

 

◆主催:ハムらde無線フェア実行委員会、地域アマ無線クラブ、団体、有志

 

◆共催:一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)東京都支部

 

◆後援:羽村市、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)、日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)

 

◆協賛:日本ドローン無線協会、八重洲無線、CQ出版社、電波社、CQマート、ハムショップフレンズ 他

 

◆入場料:無料、事前登録不要(当日受付で確認書の提出が必要)

 

◆同時開催イベント:JARL東京都支部大会
 開会式前の09:45~10:00に小ホールで実施。終了後に「第2回 ハムらde無線フェア 開会式」を行う

 

◆講演、ライブなどのタイムスケジュール:下記参照

 

 

◆実演・体験・相談コーナー:
・モールス通信の体験(JK1DOE)10:30~15:00 2F講座室2
・展示相談コーナー(JARD) 10:30~15:00 2F講座室2
・展示相談コーナー(JARL) 10:30~15:00 2F講座室2

 

◆メーカー展示:
・八重洲無線
・アイコム
・HAM-NET
・第一電波工業
・アサップシステム
・ボーダック
・アツデン
・コメット
・FRC
・せたがや災害ボランティアの会(トップギア)
・天都

 

◆1F展示室:
・国立極地研究所
・電波社
・A4マニアックス
・JARD
・JARL神奈川県支部
・秋葉原無線部
・羽村市

 

◆無線局運用予定:
・8J1JARL(JARL特別局、体験運用可能)
・8J17CALL(7コール発給開始30周年記念局)
・ライセンスフリー
・チューリップ畑中継

 

◆実演・体験・展示予定:
・立川サイエンスひとネット
 宇宙エレベータロボット競技、CDコマ作り、火花電波とアルミホイルのコーラでLEDやモータを起動 紙風船の空中浮遊 など

 

◆YouTube生配信:配信URLアドレス→ https://youtu.be/3RmpW7NxOpU
・JARL東京都支部大会
・開会式
・CherrySpiceライブ演奏

 

 

 

 同イベントでは新型コロナウィルス感染防止のため、来場者に厳重なコロナ対策を実施する。来場時に「参加確認書」の提出が必要となるが、事前にPDFをダウンロードし、記入の上で持参すると受付がスムーズに行われる。

 

 

 なお現在、首都圏でも新型コロナウィルスの感染者数が急増しているため、発熱など体調不良の人、体調に自信がない人などは“無理をしない”ことが肝要だ。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の各知事は共同で「都県境を越える移動は生活に必要な場合のみに」という緊急アピールを行っている。来場した場合も会場内でのソーシャルディスタンスの確保や、会話を控えるなどの行動が求められる。

 

 

 

●関連リンク:
・第2回ハムらde無線フェアのご案内
・第2回ハムらde無線フェア 展示会場とスケジュール
・会場のコロナ対策について
・参加確認書PDFダウンロード
・イベントの開催制限等について(東京都)
・1都3県知事「都県境越移動は生活に必要な場合のみに」(4月16日 NHKニュース)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)