hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <サンプル機で“ノイズブランカの効き”を体感>西無線研究所の27MHz帯CB機「NTS111B」使用リポート

<サンプル機で“ノイズブランカの効き”を体感>西無線研究所の27MHz帯CB機「NTS111B」使用リポート

新スプリアス規格に対応した27MHz帯CB無線機(市民ラジオ)の製造販売を行っている西無線研究所は、人気のハンディタイプ「NTS111シリーズ」の最新モデルとしてノイズブランカ機能を搭載した「NTS111B」を開発し、2021年2月に既存モデル「NTS111」「NTS111A」のユーザー向けに「NTS111B」への有償改造の予約受付と、新規購入希望者に向けた予約受付を行った(いずれも終了済み)。このほど同社はNTS111Bのサンプル機で技適(技術基準適合証明)を取得。hamlife.jpではその製品を使って、気になる“ノイズブランカの効き”をチェックしてみた。

 

 

西無線研究所のNTS111B(先行で技適を取得したサンプル機)で実験してみた

 

 

 西無線研究所のNTS111Bは、2019年に発売を開始した「NTS111」およびマイクゲインなどを改良した「NTS111A」の内部に、新たにノイズブランカ基板を搭載したものだ(マイクゲインはNTS111Bに準じる)。おもにパルス性ノイズの軽減に効果があり、簡単なスイッチ操作でON/OFFの切り替えが可能となっている。税込価格は100,650円(別途送料が必要)。

 

NTS111Bの外観は従来モデルのNTS111、NTS111Aと変わりがない(フロントパネルと背面の機種名表記のみ異なる)。内部に新規開発されたノイズブランカ基板を搭載している

ノイズブランカ基板の回路図とパーツ配置図

 

 外観は従来モデルのNTS111やNTS111Aと同様で、本体サイズは80×27×165mm(突起物除く)、本体重量は約400g(単3アルカリ電池4本内蔵時)というスペックに変わりはない。違いは表面パネル内の機種名と、背面にシールで表記された機種名が「NTS111B」になっている点だけだ。

 

フロントパネル下部の機種名表示

ノイズブランカの操作方法を記載した案内書が添付されていた

 

 ノイズブランカをONにするには、本体上部の「VOL/ON」スイッチを後方に押しながら、「CH」スイッチを“後方”に一瞬押す。この時、S/POを表示する8個のLEDが一斉に4回点滅する。その後「VOL/ON」スイッチを離すとノイズブランカの設定が完了する。

 

ノイズブランカをONにするには、本体上部の「VOL/ON」スイッチを後方に押しながら、「CH」スイッチを“後方”に一瞬押す

S/POを表示する8個のLEDが一斉に4回点滅する

 

 またノイズブランカをONからOFFにしたいときは、「VOL/ON」スイッチを押しながら「CH」スイッチを“前方”に一瞬引く。その後「VOL/ON」スイッチを離すという操作になる。

 

 

郊外で実際にテストしてみた

 

 では、新たに搭載されたノイズブランカが、実際どの程度効果があるだろうか。郊外のロケーションの良い場所に自動車を停めて実験してみた。

 

 このとき27MHz帯ではEスポが発生中で、NTS111B(ノイズブランカがOFFの状態)では海外からと思われる信号が弱いながら受信できていた。しかし自動車のエンジンをかけた瞬間、LEDのSメーターが3つ点灯し、「ブーン」「バリバリ」というノイズが混入。海外からの信号はノイズにかき消され、ほとんど聞こえなくなってしまった。

 

自動車のエンジンをかけた瞬間、LEDのSメーターが3つ点灯し、「ブーン」「バリバリ」というノイズが混入した

 

 そこでノイズブランカをONにすると、耳障りだった「ブーン」「バリバリ」音は収まり、わずかに「パチッパチッ」という軽いノイズが混じる程度になった(LEDのSメーターは1つ点灯)。海外からの信号もノイズでかき消されことがなくなり、了解度は明らかに向上した。

 

ノイズブランカをONにした状態

 

 一般的にノイズブランカは、近接した周波数に超強力な信号が出ているときにONにすると、その影響を受けてしまうことがある。今回の試用時にはそうした状況に遭遇しなかったが、NTS111Bのノイズブランカ機能は手軽にON/OFFできるので万一影響があったとしても回避は容易だろう。

 

 なおNTS111Bは、今年2月10日から2月25日まで、既存モデル(NTS111、NTS111A)からの改造と新規購入希望者の予約募集を行い、現在はその製造(改造)作業が進行している。同社はこれらが一段落した段階で、新たな募集を行うことを検討している(募集開始時には公式サイトおよびTwitterアカウントで告知する)。

 

 

NTS111Bのカタログより

 

 

 

●関連リンク:
・27MHz市民ラジオ NTS111Bハンディ機(西無線研究所)
・NTS111B 車内実験動画 AVI形式(西無線研究所)
・NTS111B 取扱説明書 PDF(西無線研究所)
・西無線研究所
・西無線研究所 Twitterアカウント(@nishimusen)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」