hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <フジインダストリーは4月20日で業務終了>伸縮式アンテナポールの販売・修理を「株式会社三共」(埼玉県川口市)が引き継ぎ

<フジインダストリーは4月20日で業務終了>伸縮式アンテナポールの販売・修理を「株式会社三共」(埼玉県川口市)が引き継ぎ

移動用の伸縮式アンテナポールとタイヤベースの製造販売メーカーで、すでに廃業を表明しているフジインダストリー株式会社は2021年4月13日、関係者に「4月20日(火)をもって業務を終了し、4月21日(水)から販売・修理を株式会社三共が引き継ぐことになった」という告知を行った。移動運用愛好家にユーザーが多かった「FSPポール」「FTPポール」は従来と同じ型番・価格で新たな会社から供給されることになった。hamlife.jpでは株式会社三共(本社:埼玉県川口市)に取材を行った。

 

こちらの記事も参考に
(2021年1月19日掲載↓)
<移動運用で定評の“伸縮ポール”のメーカー>フジインダストリー株式会社が2021年4月末で「廃業」を発表

 

(2021年3月1日掲載↓)
<4月末での廃業を予定>“伸縮ポール”のフジインダストリー株式会社、「最終注文は3月18日までに」と案内

 

 

フジインダストリーの伸縮式アンテナポールの販売・修理を引き継ぐ、株式会社三共の公式サイト

 

 

 フジインダストリーが4月13日に関係者に告知した内容は次のとおり(一部抜粋)

 


 

拝啓

 

陽春の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り、有難うございました。

 

弊社は4月20日をもって業務を終了し、4月21日より新たに下記会社が販売・修理を引き継いで下さることになりました。

 

株式会社三共 様
〒333-0832 埼玉県川口市神戸97番地
TEL:048-282-5511
FAX:048-282-5648
URL:http://www.sankyo-pole.jp/

 

皆様の長年にわたるご厚誼に心から感謝申し上げますとともに、皆様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。

 

敬具

 

フジ・インダストリー株式会社

 

 

フジインダストリーは関係者に告知後、ホームページにも同じ内容の案内を掲載した

 


 

 

 では、フジインダストリーの伸縮式アンテナポールの販売・修理を引き継ぐ株式会社三共はどのような企業で、今後の販売方法はどうなるのだろうか。hamlife.jpでは同社に取材を行った。

 

 株式会社三共は“鋳物の町”として知られる埼玉県川口市にある企業で、1961(昭和36)年に「アルミ製国旗竿」の製造販売会社として創業。現在は「鯉のぼり」を掲げるためのベランダ用伸縮ポールや庭用ポール、各種取り付け金具をはじめ、国旗掲揚ポール、部屋の間仕切り用ポール、アルミ製物干し竿などを製造販売しているポールの専門メーカーだ。PRにも熱心でYouTubeチャンネルでの動画公開のほか、今年4月4日からはFacebookページも開設し情報発信を行っている。

 

三共の会社紹介とポール製造工程のPR動画(YouTubeより)※画像クリックで再生開始

 

 三共は以前から、フジインダストリーの伸縮式アンテナポールの製造を担当してきた。そのため今後、三共で製造・販売するアンテナポールはフジインダストリーの製品と同一商品(同一仕様)になり、「型番や価格についても現時点では変更がない」という説明だった。ただし「今後製造を続けていくにあたり、必要があれば変更する可能性もあります」と付け加えている。

 

 一方、組立式タイヤベース(FTBシリーズ)については、小型サイズの「S型」(450W×410H×250Dmm、約6~7kg)は製造するが、大型サイズの「L型」(600W×410H×300mm、約13.5kg)の製造は検討中で、仮に販売する場合は新価格になるという。

 

 これまでにフジインダストリーが販売した製品の修理については「アンテナポールの修理は可能ですが、タイヤベースの修理は今までお受けしたことがございません。ポールの場合と同様、修理可能かどうか確認させていただいてからの回答となります」としている。

 

 同社は4月21日(水)からアンテナポールの製造販売を引き継ぐが、カタログやWebサイトで告知を始める時期は未定であること、ハムフェアなどアマチュア無線イベントへの出展は予定していないことも明らかにした。

 

 気になるのは、今後同社が製造販売するアンテナポールとタイヤベースの入手方法だが、「フジインダストリーの時と同様に、無線ショップ経由での販売になります」(直販は行わない)という。すでにいくつかの無線ショップが同社に取り扱いしたい旨の連絡を入れている模様だ。

 

 

株式会社三共のポール製造風景(同社YouTubeより)

YouTubeで公開されている株式会社三共のPR動画より

 

 

 フジインダストリーの廃業表明以来、アマチュア無線家に長年愛用されてきた伸縮式アンテナポールが入手できなくなることが懸念されていた。しかし製造を受託していた会社による販売継続が決まり、アマチュア無線家や業界関係者からは安堵の声があがっている。

 

 株式会社三共が、公式サイトに「製品の仕様と価格表」「取り扱う無線ショップの店名リスト」を掲載することが待ち望まれる。同社については下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・株式会社三共
・株式会社三共 Facebookページ
・株式会社三共 YouTubeチャンネル
・弊社も新規取引開始しました(CQオーム Facebookページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」