hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の星出宇宙飛行士、7月22日(木・祝)18時14分から西南学院中学校・高等学校の生徒たち(8N6SW)と交信

<ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の星出宇宙飛行士、7月22日(木・祝)18時14分から西南学院中学校・高等学校の生徒たち(8N6SW)と交信

アマチュア無線の資格を持ち国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士と、子どもたちが交信を行うプロジェクト「ARISSスクールコンタクト」。2021年7月22日(木・祝)の18時14分JSTから西南学院中学校・高等学校(福岡県福岡市)の生徒15名が「8N6SW」のコールサインで交信を行う予定だ。これが日本から通算102例目のARISSスクールコンタクトとなる。ISSから登場するのはJAXA所属の星出彰彦宇宙飛行士(KE5DNI)だ。なお当日は会場からのインターネットによるライブ中継も行われる予定だ。

 

 

 

 

 ISSの宇宙飛行士と日本の子供たちの交信は、今年1月20日に行われた神奈川県逗子市立久木中学校(8N1ZH)以来となる。西南学院は1916年に創設されたのミッション系の学校で、幼稚園から大学院まである有数の総合学園だ。西南学院高校マルチメディア部にはアマチュア無線クラブ局「JA6YAV」があり、今回実施されるARISSスクールコンタクトでは、西南学院チャペルおよび無線部部室がイベント会場となる予定という。

 

 

当日は16時から、インターネットライブ中継も予定されている(下記関連リンクの「8N6SW西南スクールコンタクト」特設ページを参照のこと)

 

 

 交信は日本時間の7月22日(木・祝)18時14分25秒からおよそ10分間にわたって行われる。国際宇宙ステーションのコールサインは「NA1SS」。ARISS のWebサイトによると、ISSからは145.80MHzで音声信号が送られてくる。今回はISSのキャプテン(船長)を務めるJAXA所属の星出彰彦宇宙飛行士(KE5DNI)が担当するが、交信は英語で行われるという。生徒15名からの質問は次のように事前公表されている(arissnews.rtfより)。

 

1. What is the best space food that you have ever had?

 

2. Do you have any personal routines that you do before you do something important?

 

3. Can you prove that you are actually in space and not just in some NASA base?

 

4. What made you want to become an astronaut?

 

5. What do you think when you see Japan from space?

 

6. What are the most amazing natural phenomena that you have ever seen from space?

 

7. Is there anything in the universe that cannot be seen from earth?

 

8. What would be the biggest challenge if people decide to move to Mars?

 

9. What is the most inconvenient thing about living in space?

 

10. You have been on several missions to space. On your first trip, what was the hardest part about coming back to earth?

 

11. What was the hardest part of your training and tests on earth?

 

12. What does the aurora borealis look like from space?

 

13. Many different countries and companies are trying their best to explore space, but I don’t think they should compete with each other. Instead, we need to unite together, because we are all human beings; we are all on one team. Mr. Hoshide, what do you think about it?

 

14. As the captain of the ISS, what do you think is the most important part of your job?

 

15. I want to major in “space engineering” at university. So, could you please tell me what kinds of. technology you would want to be developed in the future.

 

 

 過去、NA1SSから発射された宇宙飛行士の声に対しては「見晴らしのよい場所で、ハンディ機に付属ホイップアンテナでも聞こえた」「アパートのベランダから斜めに付き出したモービルホイップでキャッチした」といった受信リポートがTwitterに書き込まれている。ビームアンテナに仰角ローテーターといった本格装備がなくても、ISSの軌道が高く状態の良いタイミングなら、受信のチャンスはありそうだ。4連休の初日、受信に挑戦してみてはいかがだろう。

 

ARISSスクールコンタクト開催時のISS軌道予測(7M3TJZ 安田氏のSatTrack V3.1.6使用)

 

 

 言うまでもないことだが、この日のために準備と交信の練習を重ねてきた生徒たちの夢を壊さぬよう、静かなワッチを心掛けたい。ARISSスクールコンタクトの開催日は管轄の総合通信局がDEURAS、DEURAS-Mなどを使って電波監視を強化するのが通例となっている。

 

 

 なお現在(7月24日23時まで)、「西南学院の生徒達にNASAスクールコンタクトをプレゼントしたい」というクラウドファンディングが有志により実施されている。詳しくは下記記事参照のこと。

 

<第一目標金額達成! NEXT GOAL120万円まであと少し>クラウドファンディングでARISSスクールコンタクト(宇宙飛行士と子供たちがアマチュア無線で交信)を含む総合サイエンスイベントを計画

 

 

 

●関連リンク:
・西南学院中学校・高等学校 公式サイト
・8N6SW 西南スクールコンタクト 特設ページ
・Upcoming educational Contacts(ARISS.org)
・ARISSスクールコンタクト
・「きぼう」を見よう-国際宇宙ステーション(JAXA)
・西南学院の生徒達にNASAスクールコンタクトをプレゼントしたい(READYFOR)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」