hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXペディション > 「3Y0J」は2022年11月に実施予定--ブーベ島(3Y)DXペディション、3つの計画

「3Y0J」は2022年11月に実施予定--ブーベ島(3Y)DXペディション、3つの計画

南大西洋の“世界で最も人里離れた孤島”と言われる「ブーベ島」(ノルウェー領)へのDXペディションは、1990年に行われた「3Y5X」以降は実現しておらず、世界中のDXerからの要求度が高いエンティティーの1つとなっている。しかしARRL NEWSによると、2021年8月末現在で同島へのDXペディションが3つのグループによって、それぞれ計画されているという。以下、ARRL NEWSの抄訳で紹介する。

 

 

ブーベ島(ARRL NEWSより)

 

 

 ブーベ島への3つのDXペディション計画が並行して進んでいる。Club Logによるとブーベ島は現在、世界で2番目に要求度が高いDXCCエンティティーだ。

 

 2023年にブーベ島での「3Y0J」DXペディションを計画していたIntrepid-DX Groupは2021年6月、同島への往復のために契約した船舶「ブレイブハート号」が売却されてしまったことから計画をキャンセルした。しかしその後間もなく計画を復活させ適切な船を探していた。その結果、8月8日に“実績と経験豊富な極地乗組員”を備えた101フィートの探検船「マラマ号」との契約締結を発表するに至った。DXペディションの実施時期は2022年11月に改められ、共同リーダーはKen Opskar(LA7GIA)、Rune Øye(LA7THA)、Erwann Merrien(LB1QI)の3名となった。3Y0Jのライセンスを所持しているOpskarは、共同リーダーだったPaul Ewing(N6PSE)と率いたIntrepid-DX Groupの活動からは離脱した。

 

 一方Ewingは、8月3日の発表で“改訂されたリーダーシップ”のもと、ブーベ島DXペディションチームが「私たちをブーベ島に連れて行ってくれる適切で安価な船」を見つけ、そのチャーター契約を交渉していると述べた。Ewingチームの共同リーダーは、David Jorgensen(WD5COV)とKevin Rowett(K6TD)である。しかし同チームはノルウェー極地研究所から新しいライセンスと上陸許可を得る必要がある。

 

 またポーランドのDom Grzyb(3Z9DX)は、コールサイン「3Y0I」を使用して、2021年後半にブーベ島での2回目の遠征計画が続いていると述べている。「ご存知の通り、2019年3月のブーベ島への最初の試みは失敗に終わりました。私たちはブーベ島の沖合わずか63海里という、とても近いところにいたのです!」

 

 LA7GIA、LA7THA、LB1QIの3リーダー体制で再結成された3Y0Jグループは、DXペディションの実施を目的とした非営利団体「Amateur Radio DXpeditions」をノルウェーで結成。2022年11月に12人のオペレーターで構成されたチームがブーベ島周辺に20日間滞在、島の南東部にあるフィー岬にキャンプを設営する予定で、ここは「安全に岩場にキャンプを設置できる唯一の実現可能な場所であり、氷河にキャンプを設置するつもりはありません」と述べている。

 

 米国のDX財団「NCDXF」は、3Y0Jグループに100,000ドル(約1,093万円)の寄付を行い、リードスポンサーになった。3Y0Jグループは「ブーベ島への3Y0J DXペディションのリードスポンサーとなったNCDXFに感謝します。NCDXFの支援がなければ、世界で最も希少なエンティティーへの運用は難しいでしょう」と表明した。

 

 同グループによると、今回のブーベ島DXペディションにかかる全体予算は65万ドル(約7,110万円)で、これまでで最も高額なものになる見込みだという。今年10月末までに船舶契約の約3分の1を支払うことになっているため「私たちが成功するためには、前金での寄付がどうしても必要です。しっかりとした計画、若くて強力なチーム、献身的なクルー、そしてマラマ号という船がありますが、現地に行ってブーベ島のフィー岬から12万QSOを達成するためには皆様のご支援が必要です」と述べ、広く寄付を募集している。(ARRLニュース8月19日、9月3日 ※許可を受けて抄訳/(C)ARRL)

 

 

 

●関連リンク:
・Bouvet Island DXpeditions Are in Planning Stages for 2021, 2022, and 2023(ARRL NEWS)
・3Y0J Bouvet Island DXpedition Receives $100,000 from Northern California DX Foundation(ARRL NEWS)
・3Y0J DXペディション公式ページ
・3Y0J DXペディション 日本語のページ(※メインテナンス中)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)