hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <第3特集は「昭和から令和の東芝ラジオ」>三才ブックスが月刊「ラジオライフ」2021年12月号を刊行

<第3特集は「昭和から令和の東芝ラジオ」>三才ブックスが月刊「ラジオライフ」2021年12月号を刊行

株式会社三才ブックスは10月25日(月)に月刊誌「ラジオライフ」2021年12月号を刊行する。今号は第3特集に「昭和から令和の東芝ラジオ」を掲載している。PDFで5冊を収録した特別DVD付録「RL別冊ムック 電子書籍版」が付いて価格は1,000円(税込み)。

 

 

月刊「ラジオライフ」2021年12月号表紙

 

 

 hamlife.jpでは、趣味(hobby)としての「無線」に関連した雑誌や書籍の刊行情報も紹介している。三才ブックスが刊行している月刊誌「ラジオライフ」は1980年の創刊で、2021年12月号は通巻で490号となった。今号のおもな無線関連の記事は次のとおり。

 

<第3特集>ラジオを作り続ける国内家電メーカー「昭和から令和の東芝ラジオ」
 昭和50年代のBCLブームを作ったソニーやパナソニックが、ラジオの製造に消極的な令和の時代。唯一、新製品をリリースし続ける国内大手メーカーが東芝だ。頼れる東芝ラジオの現在を徹底解析。そしてラジオが熱かった昭和の東芝を見ていこう!

 

★令和/東芝エルイートレーディング
・現行トップモデルの実力調査
・メーカー直撃インタビュー

 

★昭和/東京芝浦電気
・昭和の名機列伝
 BCLラジオ
 ラジカセ

 

<徹底使用リポート>

・JVCケンウッド 351MHz帯デジタル簡易無線登録局 TPZ-D563BT

 

<ハンディ機エアーバンド受信インプレ>

・八重洲無線  144/430MHz帯デジタル無線機 FT5D

 

<ブルーインパルス受信ガイド>

・松島基地でブルーインパルスが見られる場所

 

<RLエアーバンド インフォメーション>

・東京2020パラリンピックリポート

 

<おもしろ無線受信報告所>

・鉄道/事故現場で判明した防護無線の周波数

 

<ヴァイオリン弾き 琴羽しらすの今度は無線で知らせます>

・4アマの資格は国家試験を受けて取ります

 

<ライセンスフリー無線の世界>

・ヘリカルアンテナの市民ラジオで遠距離交信に挑戦!

 

<工作チャレンジ>

・改造したATU-100改のマッチングをチェック「オートアンテナチューナー改造 実験編」

 

 

↓この記事もチェック!

 

<Kindleや楽天koboほか、読み放題も…>配信スタート! ヤバかった時代(1980年代&1990年代)の月刊誌「ラジオライフ」が電子書籍で蘇る

 

 

 

 月刊「ラジオライフ」2021年12月号の購入は、下記のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

 

●関連リンク:月刊ラジオライフ(三才ブックス)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)