hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > <各都道府県で少なくとも1か所の試験会場を設置予定>日本無線協会、来年2月から3・4アマと2・3陸特の国家試験をCBT方式で実施へ

<各都道府県で少なくとも1か所の試験会場を設置予定>日本無線協会、来年2月から3・4アマと2・3陸特の国家試験をCBT方式で実施へ

無線従事者国家試験を実施している公益財団法人 日本無線協会は、2022(令和4)年2月から、「第三級アマチュア無線技士」「第四級アマチュア無線技士」「第二級陸上特殊無線技士」「第三級陸上特殊無線技士」の4つの資格試験において、「CBT方式(コンピュータ利用試験)」の導入を行うことを公表した。受け付けは本年12月15日からで、「各都道府県において少なくとも1か所の試験会場を設ける予定です」としている。

 

 

 

 今回の「CBT方式(コンピュータ利用試験)」の導入により、該当資格の国家試験は受験できる会場が増加する(各都道府県において少なくとも1か所の試験会場を設ける予定)ほか、試験期間のうちから希望する日付と時間に受験できることになる見込みだ。これによってアマチュア無線技士資格取得(3アマ、4アマ)の柔軟度が増すことになる。

 

 なお同協会は該当資格において、すでに開催日程を発表している令和4年3月までのマークシート方式の国家試験は「予定どおり実施いたします」とした上で、「令和4年1月30日(日)及び2月20日(日)に東京本部で実施を予定していた第三級及び第四級アマチュア無線技士の試験(当日受付の特例試験)については中止させていただきます」と案内している。

 

 現在、アマチュア無線における「CBT方式」の試験は、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)が行っている2アマ・3アマeラーニング養成課程の修了試験、株式会社QCQ企画の4アマeラーニング養成課程の修了試験にも導入されている。いずれもCBTソリューションズが運営する全国280か所の「CBTテストセンター」のうちから、都合のよい会場・時間帯に予約を入れてから出向き、センターに設置されたパソコンで出題される試験に臨むという形式になっている。

 

 今回発表された日本無線協会が実施するCBT方式の国家試験もCBTソリューションズに委託して行われるが、試験会場はある程度絞られる模様だ。

 

 

 以下、日本無線協会の発表から紹介する。

 

 


 

CBT方式による試験の実施について

 

令和4年2月から4つの資格についてCBT方式の試験を実施します。

 

 当協会では、デジタル化の進展等を踏まえ、無線従事者国家試験の受験者の皆様の利便性の向上の取り組みとして、試験日程や試験場所を大幅に拡大することを目的に、CBT(コンピュータ利用試験)方式による試験を導入することとし、本年8月に第四級アマチュア無線技士資格を対象とした限定試験を実施したところです。

 

 CBT方式の国家試験については、既に、令和4年4月から開始する予定である旨を協会ホームページでお知らせしているところですが、今般、全国規模での実施のための基本的な準備が整ったことから、令和4年2月から先行実施することとし、本年12月から受付を開始することといたしましたのでお知らせします。

 

 CBT方式の試験の対象は下記1のとおり4資格となりますが、これら4資格については、CBT方式の国家試験に全面移行することとして、従来のマークシート方式の試験は行わないこととしますのでご理解いただきますようお願いいたします。

 

 なお、令和3年度内(令和4年3月まで)のマークシート方式の国家試験は予定どおり実施いたしますが、令和4年1月30日(日)及び2月20日(日)に東京本部で実施を予定していた第三級及び第四級アマチュア無線技士の試験(当日受付の特例試験)については中止させていただきます。

 

1.対象の資格

 

・第二級陸上特殊無線技士
・第三級陸上特殊無線技士
・第三級アマチュア無線技士
・第四級アマチュア無線技士

 

2,実施時期

 

 令和4年2月1日(火)から
 (試験の申請受付は、令和3年12月15日(水)から)

 

3.注意点等

 

①CBT方式の試験は、コンピュータの画面上で出題・解答を行う試験であり、試験会場・システムの運営等について専門の事業者※に委託して実施するものです。

 

 試験会場及び日程は、協会の基準にもとづいて設定された全国の会場から受験者が選択することができます。
(委託先事業者の公表する会場であっても無線従事者国家試験を実施しない場合があるほか、無線従事者試験以外の試験も同時に実施されるため、それらを含めた予約状況によっては選択できない場合があります。また、申請はインターネットに限る等、受験には一部条件があります。)

 

 CBTに関する詳細はこちらに掲載予定です。(詳細な内容については現在準備中)
※(株)CBTソリューションズ(無線従事者国家試験関係のページについては現在準備中)

 

②令和4年2月1日から3月31日までの間は先行実施として、次のような点にご理解をお願いいたします。

 

 試験結果通知までに時間を要する場合があります(最大1か月程度)

 試験会場、日程等を特に限定する場合があります。(各都道府県において少なくとも1か所の試験会場を設ける予定です。)

 

③身体に障がいがある等によりCBT試験の受験が困難な方に対する令和4年度以降の試験の予定については別途お知らせいたします。

 

 

公益財団法人 日本無線協会の発表より

 

 

 

 

 詳細は記事下の関連リンクから確認してほしい。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

 

<東京・銀座のテストセンターで8月2日~23日に受験可能>日本無線協会、初の「CBT方式」による第四級アマチュア無線技士国家試験を実施

 

<今年11月に新しい「無線従事者国家試験申請システム」を導入>日本無線協会、2022年1月実施の国家試験から「インターネット申請」のみに変更

 

 

 

 

●関連リンク:
・CBT方式による試験の実施について(日本無線協会)
・限定国家試験申請手続き・受験方法等(日本無線協会)
・動画 CBT試験の手順(YouTube/CBTソリューションズ)
・銀座CBTS歌舞伎座テストセンター(CBTソリューションズ)
・公益財団法人日本無線協会

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)