hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <1.9MHz部門を新設&第40回記念として抽選で40名に記念品を贈呈>JARL埼玉県支部、1月10日(月・祝)9~15時に「第40回 オール埼玉コンテスト」を開催

<1.9MHz部門を新設&第40回記念として抽選で40名に記念品を贈呈>JARL埼玉県支部、1月10日(月・祝)9~15時に「第40回 オール埼玉コンテスト」を開催

JARL埼玉県支部は2022年1月10日(月・祝)9時から15時まで、日本国内(陸上)のアマチュア局およびSWLを対象に、1.9/3.5/7/14/21/28/50/144/430/1200MHz帯の電信と電話で「第40回 オール埼玉コンテスト」を開催する。昨年は埼玉県を含む1都3県へ新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」が再発出される事態になったため、マルチオペ種目の中止と移動運用の自粛が行われたが、今回は通常通りのルールで実施される。

 

 

 

 参加資格は各部門別に、埼玉県内で運用する「県内電信電話」、埼玉県外で運用する「県外電信電話」に分かれる。交信対象は県内局が「埼玉県を含む全国内局」、県外局が「埼玉県内局に限る」となっている。

 

 

●前回の規約との変更点

 

・1.9MHz部門の新設
 >参加バンドプランは「CW:1.801~1.820MHz」と「AM/SSB:1.850~1.875MHz」

 

・50MHzの参加バンドプランを新プランに変更
 >「CW:50.250~300MHz→ 50.050~50,090MHz」と「AM/SSB:50.300~51.000MHz」→「50.350~51.000MHz」

 

・賞
 >今回の開催が第40回の記念として抽選で40名に記念品を贈呈する

 

・参加証明書

 >受付けは、2022年4月30日(消印有効)と短縮した

 

 

 呼び出し方は、電話の場合は県内局が「CQ埼玉コンテスト」、県外局が「CQ埼玉コンテスト(こちらは県外局)」、電信の場合は県内局が「CQ ST TEST」、県外局が「CQ STX TEST」。交信相手は県内局が埼玉県を含む全国内局、県外局は埼玉県内局に限る。

 

 ナンバー交換は「県内局」はRS(T)による相手局のシグナルレポート+市区町村ナンバー、「県外局」はRS(T)による相手局のシグナルレポート+都府県地域等ナンバーを送る。

 

 ログ提出は1月25日(火)まで(消印有効)。また電子ログを受け付けている。サマリーの形式は「バージョンR1.0」、または「バージョンR2.0」のどちらでもOK。「それ以外の形式は一切受け付けません」と案内している。

 

 書類提出した希望する局には「参加証明証」を贈呈。定型封筒(はがきサイズの用紙が入る大きさに限る)に84円切手を貼り付け、送付先の住所、名前、コールサインをあらかじめ記載して郵送で送ること。参加証明書の受け付けは、2022年4月30日(土)まで(消印有効)。

 

 詳しくは下記の関連リンクから「第40回 オール埼玉コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

 

「第40回 オール埼玉コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

●関連リンク:
・第40回 オール埼玉コンテスト規約
・第40回 オール埼玉コンテスト規約(PDF形式)
・JARL埼玉県支部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)