hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > トピックス > <「QRZ.com」アマチュア無線局データベース>ロシア局やベラルーシ局が検索できない状態に世界中のDXerが注視

<「QRZ.com」アマチュア無線局データベース>ロシア局やベラルーシ局が検索できない状態に世界中のDXerが注視

世界中のアマチュア局のQTHデータやQSLカード請求方法などを調べるのに欠かせない「QRZ.com」。そのデータベースにおいて、ロシアの局(RA-RZ/UA-UI)とベラルーシの局(EU/EV/EW)が検索できない状況になり、世界中のDXerの間で話題になっている。さらに「QRZ.com」にアクセスすると、左上に表示されるロゴが、ウクライナ国旗と同じ青色と黄色の2色に変わった。「QRZ.com」の創設者で管理人の一人でもある、Fred L Lloyd氏(AA7BQ)は “Why We Blocked Russian Call Signs”と題して「私たちにできることは、文明世界の他の国々と一緒になって、ロシアを断絶させることだ」「アマチュアの“政治を超える”という信条は、平時にのみ適用される。今は平時ではない」とメッセージを掲載。またもう一人の管理人Jaiee L Jeffries氏(KF7WIS)は「ウクライナで繰り広げられる状況を見ながら、私たちQRZは何かお手伝いできることはないかと考えていました」とメッセージを公表している。

 

 

【追記:再びロゴ変更とQRZ and the Ukraine War(QRZとウクライナ戦争)のメッセージ】2022年3月8日(火)8時40分

 

「QRZ.com」のロゴが、ウクライナの国旗色から以前の青一色に変更された。

 

「QRZ.com」の創設者で管理人の一人でもある、Fred L Lloyd氏(AA7BQ)は、現地時間の昨日(3月7日)の早朝、「QRZ and the Ukraine War(QRZとウクライナ戦争)」というタイトルで、以下のコメントを投稿している(機械翻訳)。

 

 


 

 QRZはウクライナでの対応を後悔しています。事態の緊急性に鑑み、QRZは、通常、当サイトが厳格な「政治禁止」ルールで運営されているにもかかわらず、メンバー(利用者)にこの危機についてオープンに議論することを許可しました。ウクライナでの出来事は、政治的なルールは破るに値するものであるというのが、私の心からの気持ちでした。私の理想が高すぎたようで批判を浴びました。

 

 政治思想の投稿を認めるという領域に踏み込んだことで、なぜ「政治禁止」というルールを設けたのか、改めて思い知らされることになった。アマチュア無線に関係のない言論を認めると、うまくいかないようです。

 

 私たちは、それが役に立つと期待していたのですが、結局のところ、役に立たなかったのです。私たちに対する信頼を失ったメンバー(利用者)もおり、これからそれを取り戻すために、たとえ無駄でも努力しなければなりません。私たちはこの状況に深く失望し、変化をもたらすことができなかったことに悲しみを覚えています。

 

 このような言説は再び持続不可能であることが明らかになりました。そのため、私たちは再びすべての政治的会話のスイッチをオフにすることにしました。私たちは、このスイッチを入れることを予期していませんでした。ただ、このテーマがすべての人の心に響いたので、そうなったのです。失望させた方々には申し訳なく、この戦争で犠牲となった方々のご冥福をお祈りします。

 

 

ウクライナの国旗色から、以前の青一色に変更された「QRZ.com」のロゴ

 

 

 

【追記:ロシア局やベラルーシ局のデータ閲覧が復活】2022年3月5日(土)8時40分

 

 今朝、ロシアの局やベラルーシの局の検索データが、以前のように表示されるようになった。なお、「QRZ.com」のロゴがウクライナカラーなのは変わらない。

 

「QRZ.com」の創設者で管理人の一人でもある、Fred L Lloyd氏(AA7BQ)は「データベースの24時間規制を終了しました。ウクライナの状況に対する認識を高めるために抗議として行われたもので、論争がなかったわけではありません。この問題のそれぞれの立場で良い議論がなされましたが、今は和解し、寄せられた意見について考え、品位を持って前進する方法を見つけるために努力する時だと思います」と話している。

 

 今回の措置に対し、多くのアマチュア無線家からさまざまな意見が届いているようだ。

 

 

 

「QRZ.com」のロゴが、ウクライナ国旗と同じ青色と黄色に変わった

これまでの「QRZ.com」のロゴは青で統一されている

 

 

 Fred L Lloyd氏(AA7BQ)とJaiee L Jeffries氏(KF7WIS)からのメッセージの一部を抜粋し機械翻訳で紹介する。

 

★Fred L Lloyd氏(AA7BQ)のメッセージ「Why We Blocked Russian Call Signs」


 

 第二次世界大戦後、世界は起こった惨劇を深く内省し、「こんなことは二度と起こしてはならない」とみんなで合意したのに、またここに来ている。21世紀にもジェノサイドは起こっており、今回はビデオもある。KGBのようなカバーストーリーは、この事件をスムーズに解決することはできない。歴史上、死者を迅速に処分し、忘れることができるように移動式火葬機を持って戦場に赴いた軍隊は他にないと私は思う。彼らの目的は、敵の女性や子供から自分たちの不本意な徴兵まで、あらゆる「問題」を焼却することである。悪夢のような食べ物だ。KGBのSOPだ。

 

 平均的なロシア人は、善良な人々であり、自国を愛している。KGBの幹部だったプーチンは、自分が育った冷戦時代の戦術を信じることを止めなかった。彼は、メディア、ラジオ、テレビを注意深く操作し、抗議行動を足止めすることで、誰にも気づかれずに大強盗をやり遂げられると確信している。彼らの政府が隠さなければならないのは、人間なら決して許すことのできない、容赦のない大虐殺である。

 

 私たちにできることは、文明世界の他の国々と一緒になって、ロシアを断絶させることだ。プーチンは強いかもしれないが、自国民を抑えることはできない。いずれは、ウクライナ後の世界で何年も苦しんだ末に、確実に彼の首が飛ぶことになるだろう。プーチンがいなくならない限り、誰も安全ではない。それを実現するためには、誰もが協力する必要がある。それは不自由を意味する。

 

 そう、誰かが解決してくれる間、ここでDXを追いかけ、ビールを飲んでいるわけにはいかないのだ。我々は団結してこの男を滅ぼさなければならないし、ロシア国民をもっと不愉快にさせることができれば、その目的はさらに達成される。今、プーチンは祖国のために戦う英雄であり、すべてがうまくいっていると思っている人たちが大勢いる。その考えを早く払拭する必要があり、私たちはその手助けをすることができる。

 

 それが私の推論だ。アマチュアの「政治を超える」という信条は、平時にのみ適用される。今は平時ではない。

 

73 -FRED

 


 

QRZ創設者 Fred L Lloyd氏(AA7BQ)によるメッセージ「Why We Blocked Russian Call Signs」

 

 

★Jaiee L Jeffries氏(KF7WIS)のメッセージ「Humanitarian Aid for Ukraine」


 

 ウクライナで繰り広げられる状況を見ながら、私たちQRZは何かお手伝いできることはないかと考えていました。私たちは、ウクライナの人々を直接的に傷つける行為に恐怖を感じ、少しでもお役に立ちたいと考えています。

 

 ニューヨーク・タイムズ紙は、今朝、ウクライナで長年にわたり支援を行い、現地で人道的ニーズに応えるのに最も適した4つの組織のリストを発表しました。その第1号がダイレクト・リリーフです。

 

 ダイレクト・リリーフは過去6か月の間に2,600万ドルの医療援助をウクライナに提供しました。先週末、ウクライナ保健省はダイレクト・リリーフに必要な医療物資のリストを送り、同団体はその入手と配送に努めています。彼らは広告費を一切使わず、非営利の透明性サイトであるチャリティ・ナビゲーターでトップランクにランクされています。

 

 もうひとつ、私が直接知っている団体で、ニューヨーク・タイムズの記事に掲載されているのは、Save The Children(セーブ・ザ・チルドレン)です。以下は、同団体のウェブサイトからの引用です。

 

 セーブ・ザ・チルドレンは、武力紛争の渦中にあり、凍えるような寒さの中で家を追われ、怪我や飢え、寒さにさらされている子どもたちを案じています。セーブ・ザ・チルドレンのウクライナ危機救済基金に寄付していただくと、子どもたちとその家族に、食料、水、衛生キット、心理社会的支援、現金支援などの緊急支援を提供することができます。みんなで力を合わせれば、危機に瀕した子どもたちを守ることができるのです。

 
 この情報が、私にとってそうであったように、一部の方にとってお役に立てれば幸いです。

 

Jaiee L Jeffries氏(KF7WIS)

 


 


ロシア局(RA-RZ/UA-UI)とベラルーシ局(EU/EV/EW)が検索できない。

 

 なお、ロシア局とベラルーシ局のコールサインを検索しても結果は表示されないが、QRZ.comからそのデータが完全に抹消されたわけではなさそうだ。そのコールサインで免許されている局に向けた案内「Would you like to add (コールサイン)to the database?」の右横にある「Yes」のボタンを押すと、データベースに現在登録されている内容(氏名、QTH等)を見ることができる。

 

 

ウクライナ局(UR-UZ)は問題なく表示される

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<2月24日から発効>ウクライナ、非常事態宣言で「アマチュア無線機の使用禁止」に

 

<公式サイトに掲載>IARU第1地域が「ウクライナのアマチュア無線局を受信してもQRV情報は流布しないで」と注意喚起

 

<私たちにできる最善のことは“聞くこと”です>ドイツのアマチュア無線連盟「DARC」、ウクライナ関連の情報を伝える

 

 

 

 

●関連リンク:
・QRZ.com
・創設者(AA7BQ)からのメッセージ「Why We Blocked Russian Call Signs」※すでに削除された模様 (QRZ.com)
・管理人(KF7WIS)からのメッセージ「Humanitarian Aid for Ukraine」(QRZ.com)
・世界のコールサイン割り当て一覧(ウィキペディア)

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)