hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <参加申し込みは6月17日(金)17時まで>関東総合通信局が6月22日(水)にシンポジウム「ラジオによる地域社会の貢献」をオンラインで開催

<参加申し込みは6月17日(金)17時まで>関東総合通信局が6月22日(水)にシンポジウム「ラジオによる地域社会の貢献」をオンラインで開催

総務省 関東総合通信局は2022年6月22日(水)14~16時にオンライン(Zoomウェビナー)で、一般社団法人 日本コミュニティ放送協会関東地区協議会との共催によるシンポジウム「ラジオによる地域社会の貢献」を開催する。「災害時の役割」や「地域活性化」などの観点から、改めてデジタル時代における「ラジオの存在意義」を見つめ直す機会にするためのシンポジウムだという。参加は無料で、申し込みは6月17日(金)17時まで。

 

 

 

 

 総務省 関東総合通信局の発表から抜粋で紹介する。

 


 

【ウェビナー参加者募集】
関東放送シンポジウム「ラジオによる地域社会への貢献」開催
~ラジオによる社会貢献事例を紹介~

 

 総務省関東総合通信局は、一般社団法人 日本コミュニティ放送協会関東地区協議会との共催により、ラジオによる地域社会への貢献をテーマにしたシンポジウムを開催します。

 

1 概要:
 ラジオは、放送開始から長らく国民に身近なメディアとして存在し、大規模自然災害による長時間の停電発生時などにおいては、大切な情報発信ツールとして認識されております。また、地域社会を活性化する機能を有するメディアとしても重要な役割を果たしております。
 昨今では、社会のデジタル化が進み、放送を取り巻く環境が変化しております。本シンポジウムは、地域の産学官関係者及びフォーラム参加者とともに、「災害時の役割」や「地域活性化」などの観点から、改めて、デジタル時代における「ラジオの存在意義」を見つめ直す機会として開催いたします。

 

2 開催日時:2022年6月22日(水曜日)14時~16時

 

3 開催方法:Web開催(Zoom)※参加費無料

 

4 主催:
 総務省 関東総合通信局
 一般社団法人 日本コミュニティ放送協会 関東地区協議会

 

5 内容:
 ラジオとともに地域社会への貢献に取り組む産学官関係者から講演、モデレーターリードによるパネルディスカッションを実施(詳細は別紙プログラムのとおり)

 

6 対象:
 自治体、地域の商工会議所、商店街関係団体など民間企業・団体、学術界関係者、放送事業者・団体、一般の方 など

 

7 申込方法:
 以下のサイトからお申し込みください(締切:6月17日(金曜日)17時)。
 https://forms.gle/AkNJKWww5TBMDdFd6
 申し込みいただいた方には、後日、Web会議URL等をお送りします。

 

 

 

●関連リンク:
・関東放送シンポジウム「ラジオによる地域社会への貢献」開催(関東総合通信局 報道資料)
・関東放送シンポジウム「ラジオによる地域社会への貢献」オンラインセミナー参加申込み

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)