hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <電波新聞デジタルが報道>八重洲無線、HF/50MHz帯トランシーバー「FT-710シリーズ」を発表

<電波新聞デジタルが報道>八重洲無線、HF/50MHz帯トランシーバー「FT-710シリーズ」を発表

電波新聞デジタルの報道によると、八重洲無線株式会社は2022年7月8日、アマチュア無線のHF/50MHz帯用の新しいトランシーバーシリーズ「FT-710」(100Wタイプ:FT-710、50Wタイプ:FT-710M、10W/50MHz帯20Wタイプ:FT-710S)を発表した。AM/SSB/FMの基本モードに対応するほか、デジタルモードFT8のプリセットを装備している。発売開始は8月下旬、希望小売価格は未定。

 

 

八重洲無線「FT-710シリーズ」は外部ディスプレイが接続できるDVI-D端子を装備している

 

 

 電波新聞デジタルの報道、および販売店情報とYAESU USAのサイトから判明している、FT-710シリーズの特徴とスペックは次のとおり。

 

★特徴:
・HF帯SDRトランシーバーの上位機種、FTDX101、FTDX10のデジタル高周波技術を継承
・受信性能を重視したヤエス独自のSDR技術
・コンパクトで優れた基本性能
・強固なRFフロントエンド
・アマチュアバンドごとに分割されたバンドパスフィルタを搭載し、帯域外不要信号を除去
・純度の高い発振回路(250MHz HRDDS高分解能ダイレクトシンセサイザー)で優れた近接多信号特性
・多彩な混信除去機能(SHIFT/WIDTH/NOTCH/CONTOUR/APF/DNR/NB/3ステージ パラメトリックイコライザー
・4.3インチの高精細TFTタッチパネル採用
・3Dスペクトルアナライザー(3DSS)表示対応
・100チャンネルメモリー付き高速オートアンテナチューナー搭載
・デュアルコアの高速DSP採用
・外部ディスプレイを接続可能なDVI-D端子装備
・メインダイヤルの周囲に、4色のLEDで現在の動作モード(VFO-A、VFO-B、メモリーモード、クラリファイア/スプリットオペレーション)を表示する「VMI(VFO Mode Indicator)」
・FT8の運用に便利なプリセットモード搭載
・SDメモリーカードによる交信音、各種設定、メモリー内容、画面キャプチャ画像の保存とファームウェアの更新が可能
・USBポート(Type-A、Type-B)2基搭載
・外部スピーカー SP-40(オプション)のAESS(Acoustic Enhanced Speaker System)により、高音質な音声出力を実現
・屋外型オートアンテナチューナー FC-40接続可能

 

★スペック:
送信周波数範囲:1.9~50MHz帯アマチュアバンド
受信周波数範囲:
 30kHz~75MHz(動作範囲)
 1.8~29.7MHz、50~54MHz(保証範囲)
電波型式:CW/AM/SSB/FM(FT8プリセットモード有)
・送信出力(FT-710):5~100W(AMモードは5~25W)
電源:外部DC13.8V
サイズ:239W×80H×247Dmm
重量:約4.5kg

 

 

 

●関連リンク:
・八重洲無線 アマチュア無線HF帯用新トランシーバーを発表(電波新聞デジタル)
・FT-710(YAESU USA)
・八重洲無線(7月8日14時現在、FT-710シリーズは未掲載)

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)