hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2022 > 【ハムフェア2022】<C4FM/D-STAR/DCR/NXDN/DMRに対応>アルインコ、デジタルモードが受信可能な30~470MHz帯のハンディ受信機「DJ-X100」をハムフェア会場で発表

【ハムフェア2022】<C4FM/D-STAR/DCR/NXDN/DMRに対応>アルインコ、デジタルモードが受信可能な30~470MHz帯のハンディ受信機「DJ-X100」をハムフェア会場で発表

アルインコ株式会社は2022年8月20日、アナログモードのWFM/FM/AMと、デジタルモードのC4FM/D-STAR/DCR/NXDN/DMRに対応したハンディタイプの広帯域受信機「DJ-X100」を、ハムフェア2022の同社ブース(B-17)で発表した。受信周波数範囲は30~470MHz(一部周波数は除く)、外形寸法は58W×110H×32.5mm、アンテナとバッテリーパックを含む重量は約260g。価格は未定で2023年初春の発売を予定している。

 

 

アルインコの広帯域受信機「DJ-X100」

「ハムフェア2022」のアルインコブースに掲示されているDJ-X100の説明パネル

 

 

 

 アルインコの新製品資料から一部抜粋し紹介する。

 


 

新製品開発ニュース
アルインコ初、デジタル方式に対応するハンディレシーバーを開発しています。
「DJ-X100」

 

 アルインコではアドバンストユーザーをターゲットにした広帯域受信機、DJ-X100の開発が大詰めを迎えています。DJ-X100はシングルVFOで30MHz~470MHzをほぼフラットな感度で受信。受信モードはWFM/FM/AMと、DCR/NXDN/DMR/D-STAR/C4FMのデジタルです。
「2バンド同時」「SSB/CW」「短波・AM放送受信」や「盗聴器発見機能」など既存の機種が採用している機能は敢えて省き、「新しいフラッグシップモデル」としての個性を磨きあげました。DJ-X100はユーティリティ受信マニア向けに、アルインコが満を持してお届けする次世代のマルチモードレシーバーです。

 

DJ-X100の正面と背面。ディスプレイのバック色とフォントの色は自由に変更可能

 

 

<主な特長>

 

★V/UHF30~470MHzをカバー(一部のバンドを除く)、急速に進むデジタル化による周波数割り当て変更に追従できないバンド設定、オートモード、オートステップの概念は敢えて未採用

 

★GPSレシーバーを搭載、メモリーに登録した経緯度データで最寄りのチャンネルの検索とスキャンが可能

 

★メモリーは999ch、プログラムスキャンは50組、バンクは26、メモリーには全角14文字 (半角は28文字)までのネームタグ表示

 

★ステップの1/2のシフトをかけるオフセットステップ機能

 

★アナログAMとFMもDSP処理をしてクリアな受信音を実現

 

★アナログ受信のトーンはCTCSS(リバース含む)、 DCS(リバース含む)、JR/MSKの空線キャンセラーを装備

 

★通信の待ち受け中にFMラジオが聞けるラジオモード

 

★USBタイプCコネクターを採用(業界初)、 充電・外部電源端子の他、標準付属のケーブルでパソコンとの通信接続が可能

 

★大口径スピーカーとBTLアンプ採用により明瞭なオーディオ出力、イヤホン端子はステレオイヤホンに対応、 両耳での受信とワッチ中の自然な見た目を実現(受信音はモノラルです)

 

★受信機としてはアルインコ初のIP67防塵・防水ボディ、付属Li-Ionバッテリーのほか単三乾電池3本も使え、 フィールド受信も安心

 

★測定器をイメージしたデザインと航空機のグラスコックピットを参考にしたディスプレイはカラーTFTながら視認性を向上させるため、敢えてモノトーンを採用 (バックとフォントの色は自由に変更、組み合わせが可能:昼は白地に黒フォント、夜は紺地に白フォント…)

 

DJ-X100のディスプレイのイメージ(量産品は多少異なる可能性がある)

 

 

★周波数の入力、 モードとステップ切り替えに特化したボタンの選定と配置、キーボードはメンブレンタイプで押しやすいフラット型

 

★階層式で日本語の操作メニューを採用した、直感的に使える最新のユーザーインターフェース

 

★スタンド型急速充電器、単三乾電池ケース、ソフトケースと別売オプションも充実

 

 

DJ-X100の上面ツマミと側面のUSB-C端子

 

<おことわり>

 

・SDカードなどの外部メディア対応、録音、ワイヤレスイヤホン対応ではありません。
・RALCWI、アルインコEJ-47U、APCO、dPMR、TETRA方式のデジタル通信は受信できません。

 

 

<受信可能な信号について>

 

★受信周波数範囲:
 30~470MHz(一部の周波数は除きます)

 

★デジタル:
・国内規格
 STD-T98:デジタル簡易無線登録局・免許局(DCR)
 STD-T102/B54:報道機関、一般業務無線(NXDN)
・海外規格
 DMR(TDMA業務無線):一般業務無線、タグボート連絡無線等の一部に使用
・アマチュア無線
 D-STAR:音声のみ
 C4FM:音声DNモードのみ

 

★アナログ:
:市販のアナログハンディレシーバーで受信できるVHF/UHF帯のFMアナログ信号は本機でも受信できます。
・FM音楽放送(FM補完放送含む)
・民間・軍用航空無線のAM
・国際VHFマリン
・特定小電力無線
・UHF帯簡易業務などのFM(12.5KHzナローにも対応)
・50/144/430MHzアマチュア無線のFMモード
・VHF帯簡易業務などのFM(20KHzステップ対応)

 

 

<未対応のおもなデジタル通信について>

 

・警察
・消防・救急
・自衛隊・海上保安庁など特殊な通信
・防災行政
・電力会社
・高速道路
・JR在来線・新幹線
・デジタル化した私鉄
・デジタルMCA無線
・空港内連絡波
・デジタル小電力コミュニティ無線
・C4FMのVWモード
・アルインコEJ-47U、RALCWI
・海外規格のAPCO25、dPMR、TETRA規格など

 

 

<定格(暫定)>

 

・外形寸法:幅58×高さ110×奥行き32.5mm(突起物含まず/約)
・質量:約260g(アンテナ、付属品バッテリーパックEBP-114/3.6V3120mAh含む)
・外郭保護性能:IP67相当の耐塵、防浸
・使用温度範囲:-20~+60℃
・充電時間(最長/約):
 付属USBケーブルとUSBアダプターにて5時間、別売急速充電器 EDC-325Aにて3.5時間
・使用可能時間の目安:当社既定の測定法にて約9時間(暫定値)
・音声出力(10%歪時/8Ω):内蔵スピーカー400mW、外部端子は未確定
・定格電圧(DC):3.6Vバッテリー/5V USB/4.5V 乾電池ケース(単三形3本)
・受信方式:
 トリプルスーパーヘテロダイン+DSP
 ※FMラジオ放送バンドはダイレクトコンバージョン

 

 

<機能について>

 

・イヤホンアンテナ(内蔵バーアンテナ無し)
・GPSレシーバー
・999chメモリー
・50プログラムスキャンペア、26メモリーバンク(編集ソフトでも拡張不可)
・両耳イヤホン対応(ステレオは未対応)
・無償編集ソフトは付属USBケーブルでPC接続して使用可能
・3段階のアッテネータ
・新設計のアンテナが付属

 


 

アルインコのブースではDJ-X100(試作機)の操作が可能。クイックリファレンスも用意されている

月刊誌「ラジオライフ」9月号(7月25日発売)の裏表紙に掲載されたアルインコの広告では、ハムフェア2022会場で、DJ-Xシリーズの新機種が登場すると予告。SNSでは「デジタル受信に対応した受信機が登場するのでは?」と予想する声もあった

 

 なおDJ-X100試作機は、「ハムフェア2022」のアルインコブース(B-17)で展示されている。

 

 

 

 

 

 

●関連リンク:アルインコ 電子事業部(8月20日朝現在、DJ-X100の情報は未掲載)

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)