hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【米国ハムベンション2024】<速報>アイコム、創業60周年コンセプトモデル「X60」を発表


【米国ハムベンション2024】<速報>アイコム、創業60周年コンセプトモデル「X60」を発表

アイコム株式会社は2024年5月17日 午前9時30分(日本時間:5月17日22時30分)、米国オハイオ州ジーニア市で開幕した世界最大級のアマチュア無線イベント「Hamvention(ハムベンション)2024」の会場で、同社創業60周年を記念するアマチュア無線機のコンセプトモデル「X60」を発表した。今回はX60の主要基板とユニットのみの展示で、スタッフは詳細は明らかにせず『2024年8月に東京で開催する「ハムフェア2024」のアイコムブースを楽しみにして欲しい』という案内のみが行われた。

 

 

 

 

現地時間の午前9時30分、アイコムブースでスタッフがベールを取り除く瞬間

 

 

 現地を訪れたアマチュア無線家の情報によると、アイコムのブース前には新機種の発表を待つ大勢のアマチュア無線ファンが待機。現地時間の9時30分にIcom Americaのスタッフが黒いベールを取り払うと、「60th Concept Model X60」と書かれた案内プレートと、アクリルケースに収められた「X60」の主要基板とユニット類が現れた。

 

 

「60th Concept Model X60」と書かれた案内プレートと、アクリルケースに収められた「X60」の主要基板が現れた

X60の基板の一部。左はフロントパネルに装着するエンコーダー類とメモリーカードスロット、右は「ANT-SW BOARD」

X60の基板とユニットの一部。手前の2つは「DIGISEL UNIT」、奥は「RF BOARD」。どうやら2波受信に対応しているようだ

「RF BOARD」のアップ

X60の基板の一部。左奥は「MAIN BOARD」、右奥は「FILTER BOARD」。左手前は「PA BOARD」、右手前は「LOGIC BOARD」。HF機であることは間違いなさそうだ

X60の基板の一部。左は「ANTENNA TUNER」、右は「MAIN BOARD」

X60の「CONNECT BOARD」。3つのUSB端子の他にDVI端子を装備。HDMI端子は未装備か?

 

 詳しい説明は行われなかったが、展示された基板の内容から、2波同時受信が可能な大型サイズのHF機であることは想像できた。単なるコンセプトモデル展示だけのためにこれだけの基板を作るとは考えられず、今後何らかの形で「アイコム60周年記念」の新型HF機(IC-7860?)が登場すると考えられる。

 

 ハムベンション2024のアイコムブースでは「展示されたX60はどんな機種だと思う? ここに書いて入れてね(WHAT AM I ?!  WRITE YOUR GUESS HERE )」という投票も行われている。

 

 

「展示されたX60はどんな機種だと思う?(WHAT AM I ?!)」という投票コーナーも開設

 

 

 アイコムは今から10年前の2014年8月、「ハムフェア2014」の会場で “創業50周年のアニバーサリーバージョン”として最高級HF/50MHz帯機の「IC-7850」を全世界150台限定で発売することを発表。フロントパネルはピアノと同等の艶があるブラック塗装、ボタンやダイヤルの一部と無線機側面にシャンパンゴールドを配し、創業者の井上徳造氏のサインとシリアルナンバーを表記するなどの演出を施した商品で話題を集めた。

 

アイコムの50周年の2014年には、全世界150台限定の「IC-7850」が登場した(「ハムフェア2014」会場で撮影)

2014年、創業50周年のアニバーサリーバージョンとして登場したIC-7850の上部。50周年ロゴと創業者の井上徳造氏のサイン、シリアルナンバーなどが記された記念プレートが取り付けられていた

 

 

 その後2014年12月にはIC-7850の量産バージョンという位置づけで「IC-7851」が発表され、現在も同社フラッグシップモデルとして日本と米国などで販売が続いているが、ヨーロッパ向けは「欧州新安全規格(EN62368-1)」を満たさなくなったため2021年夏で生産が終了している。

 

 アイコムのフラッグシップモデルが不在になっているヨーロッパ。イングランドにあるアイコムの英国子会社、Icom UK Ltd.は、日本時間の5月17日(金)22時30分(ハムベンション2024で「X60」が公開されたのと同時刻)に次のように発表している。

 


 

Icom UKの発表より

 

<日本語機械翻訳>

 

アイコムは今週末のデイトン・ハムベンションで、アマチュア無線界にその一端を披露します。

 

社内で「X60」と呼ばれているこのプロジェクトと、その秘密の裏にあるエキサイティングなコンセプトモデルについては、すべての人の口が固く固く閉ざされています。この特別なプロジェクトに関する完全で完全な詳細を知っているのは、厳選された一握りのトップ開発者と、大阪にいる絶対的な上級管理職のメンバーだけです。

 

世界のHAMコミュニティと同様、Icom UKも「X60」の詳細が明らかになるまで待たなければなりませんが、ここハーン・ベイにいるスタッフ全員が、アイコムから次に何が出てくるのか、とても楽しみにしていることは確かです。

 

アイコム株式会社は『60周年記念コンセプトモデル「X60」の限定的な詳細は今週末のデイトン(2024年5月17日~19日)で公開され、共有される予定です』『完全な公開は、2024年8月24日と25日の週末に開催される東京のハムフェアになります。新モデルの詳細、名称、スペック、入手可能性、そして目標価格については、そこで公開される予定です』と述べています。

 


 

 

 X60がどのような製品として登場するのか、全貌は東京の「ハムフェア2024」(8月24~25日、有明GYM-EXで開催)で発表される。楽しみに待つことにしたい。

 

 

「ハムベンション2024」については、こちらの記事も参考に↓
【米国ハムベンション2024】<JARLも出展、森田会長(JA5SUD)の姿も…>世界最大級のアマチュア無線イベントの主要ブースを写真リポート

 

 

 

●関連リンク:
・hamvention2024 公式サイト
・ICOM 60th Anniversary Concept Model “X60” (Icom UK Ltd.)
・Icom America Inc.
・アイコム グローバルサイト

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック

充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)